サイエンス

何を食べたいと思うかは胃腸の中のバクテリアが影響を与えているという研究報告

By chotda

「今日は無性にピザが食べたい」など理由もなく食欲がわき上がることが誰にでもありますが、それはもしかするとバクテリアのせいかもしれません。

Is eating behavior manipulated by the gastrointestinal microbiota? Evolutionary pressures and potential mechanisms - Alcock - 2014 - BioEssays - Wiley Online Library
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/bies.201400071/abstract

Your Gut Bacteria Want You to Eat a Cupcake - The Atlantic
http://www.theatlantic.com/health/archive/2014/08/your-gut-bacteria-want-you-to-eat-a-cupcake/378702/

人間の消化器官には1万種以上のバクテリアが生息しており、バクテリアは人間が摂取した食べ物からエネルギーをゲットして生きています。また、人間に寄生しているバクテリアはエネルギーを与えてもらうのと引き替えに、消化を助けたり、悪性のバクテリアを退治したりしてホスト(人間)の体調を整えてくれることも知られています。普段はバクテリアの存在を意識することはありませんが、人間とバクテリアは持ちつ持たれつの関係を保っているというわけです。

By NIAID

人間にとってありがたい存在のバクテリアですが、人間の体調を管理してくれることを超えて、人間の食べ物の選択をも管理している可能性を、カリフォルニア大学のカルロ・C・マーレイ教授らの研究グループが発表した論文で指摘しています。

マーレイ博士たちの研究によると、腸内のバクテリアは熾烈な生存競争をしており、生存競争過程で人間の食べ物に対する欲求にも影響を与えているとのこと。具体的には、バクテリアは他の種のバクテリアとの生存競争に勝つために、自分がより成長できる栄養素を摂取するよう人間に働きかけたり、逆にライバル種のバクテリアが欲する栄養素を抑制するよう働きかけたりと、「綱引き」を行っているとしています。

By Ben McLeod

この綱引きでは、バクテリアはホストの味覚を感じる味覚受容体を変化させて特定の食品をより美味しく感じさせたり、空腹を誘発するホルモンを出したり、食べ物の摂取を抑制するように迷走神経を操作したりするとのこと。さらに、バクテリアは他の種のバクテリアとの生存競争に打ち勝つために、ホストの健康増進よりも自らの種の繁栄に有利になるように働きかけることさえあると指摘しています。

海苔を消化分解できるのは特別なバクテリアを持つ日本人だけという研究結果はよく知られていますが、食べ物の好みまでバクテリアが大きな影響を与えているようです。

・関連記事
不安やうつは腸の状態と関係あり、腸内バクテリアが変われば行動も変わる - GIGAZINE

バクテリアが体を清潔に保ってくれてシャワーいらずの「バクテリアミスト」を1ヶ月間使うとどうなるか - GIGAZINE

食べ物にウイルスを加えて安全な食品を提供するという方法 - GIGAZINE

金属とバクテリアを使って糖をジェット燃料に変える技術を開発 - GIGAZINE

新種の微生物が4000km離れたNASAとESAのクリーンルームから発見される - GIGAZINE

古新聞から自動車の燃料を作り出すバクテリアが発見される - GIGAZINE

人類の進歩に貢献する知られざる7つの科学職 - GIGAZINE

in サイエンス,   , Posted by logv_to