ムービー

北京の街を上空からクアッドコプターで空撮した映像が圧巻


クアッドコプターPhantom 2GoPro HERO3を使用し、一般人は立ち入れない中南海近くの北海公園紫禁城明の十三陵北京商務中心区などを撮影したのがニュージーランドの写真家トレイ・ラトクリフ氏。非常にデリケートな地域ゆえに拘留されそうになりつつも撮影した映像は、地上からの撮影とは違う圧倒的な仕上がりとなっています。

Beijing From Above, and The Story of How I Was Detained by the Police for flying my DJI Quadcopter - YouTube


使用しているのはクアッドコプターPhantom 2。GIGAZINE編集部でも使用してみましたが、非常に安定性に優れていて、専用のジンバルZenmuse H3-3D Gimbal(H3-3D)を使ってGoPro HERO3を装着しムービー撮影してみたところ、画面はほとんどブレず予想以上の映像を撮ることができました。ムービーでは、まず一般人の目線と同じぐらいの高さから門をくぐり……


明の十三陵を空撮していきます。


赤いカーペットの上を稜恩殿に向けて直進。


建物のはるか向こうまで見渡せます。


万里の長城も真上から撮影。


明の十三陵周辺の町の様子を真上から撮影すると、まるでミニチュアのよう。


さらにPhantom 2を上昇させていくとこんな感じ。


紫禁城は……


Phantom 2を使うとこの通り。


紫禁城のある中南海周辺は非常にナイーブなエリアのため、ラトクリフ氏は「いざとなったら僕の魅力を武器にしよう」と思っていたのですが、予想通り北海公園の撮影中に警察に声をかけられ、拘留所に連れていかれるという緊張の一幕もあったとのこと。「拘留施設はほの暗く、黄色いライトが点滅していて、中の様子はよく見えなかった」とラトクリフ氏。幸い、英語と中国語が話せるキュートな女友達と一緒だったので、警察に状況をうまく説明でき、場は和気あいあいとした雰囲気になったそうです。


まるでタイムスリップしてしまったかのような街並み。


世界各地の遺蹟や建築物を主に1/10スケールで再現した北京世界公園


タージマハルや……


エッフェル塔が集結しています。


木々に囲まれた公園。


市街地で降下していくと……


町の人々から注目を浴びているPhantom 2。


798芸術区の様子。


黒犬の置物がたくさん並んでいます。


地上から見るとこんな感じ。


Phantom 2に手を伸ばす男性。


なお、ラトクリフ氏は自身のウェブサイトでムービーだけではなく写真も公開しています。

Beijing From Above, aka The Story of How I Was Detained by the Police because of my DJI Quadcopter | Stuck in Customs
http://www.stuckincustoms.com/2014/06/19/dji-quadcopter-china-detention

木々が生い茂る美しい一本道や……


北京商務中心区の様子なども撮影されました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
クアッドコプターPhantom 2にジンバルH3-3Dを装着、GoPro HERO3で空撮してみました - GIGAZINE

自動追尾で対象物を追いかけて撮影が可能なドローン「HEXO+」 - GIGAZINE

世界初のドローン(無人航空機)による宅配便サービス「Zookal.com」 - GIGAZINE

スマホで自由自在に操作できムービー撮影・ヘッドアップディスプレイ連携なども可能な新型ドローン「Bebop Drone」の威力がわかる公式ムービーまとめ - GIGAZINE

上空からHDムービーの撮影ができるクアッドコプター型ラジコン「AR Drone 2」ムービー&フォトレビュー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.