ネットサービス

アップロードした写真を「1分~1か月」で指定して自動削除する無料サービス「Jollyshot」


カメラで撮影した写真は時間とともにどんどん増えていき、どれから消せばいいのか途方にくれることがあります。そんな「消しても良いかどうかわからないけど、とりあえず置いておこう」という写真を、「1分~1か月」の期間を指定してアップロードすれば、期間が経過すると自動で削除してくれる、会員登録もアプリも不要でブラウザから簡単に使用できる無料フォトサービスが「Jollyshot」です。

Jollyshot
http://jollyshot.com/


写真をアップロードするにはカメラマークの下をクリック。すると自動削除の期間が「1分・10分・1時間・10時間・1日・10日・1か月」とプルダウンで表示されるので、いずれかを選びます。


期間を指定したら緑色のカメラマークをクリック。


PCの中からアップロードしたい写真を参照します。


するとこんな感じで写真がアップロードされました。Facebook・Twitter・ソーシャルニュースサイト「reddit」・メールのいずれかで画像ページのリンクを送信可能。ページ下部に表示されているリンクを誰かに教えてもこのページをシェアできます。なお、投稿者名表記はなく、CCライセンスをつけることはできないので画像の取り扱いには注意が必要。


他の写真をアップロードするには左上の「JOLLYSHOT」をクリックすれば、トップページに移動します。


アップロードした写真の一覧を確認するには、右上の「人のアイコン」をクリックすればOK。


一覧はこんな感じ。右側に写真が削除される期間が表示されており、例えば「29d 23h」は、「残り29日と23時間」で削除されることを意味しています。写真を確認するには左側のリンクをクリック。


先ほどと同じ写真ページが表示されます。一覧でサムネイルを見ることができないので、写真は1つずつリンクを開くしかないのはちょっと不便かも。


そうこうしている内に、指定した期間が過ぎました。削除された写真は「Expired」と表示され、試しに削除済みのリンクをクリックしてみると……


「This photo has expired!(もう写真は削除されてるよ!)」と言われ、写真がなくなっていることがわかります。


なお、iPhone 5とXperia Z1からJollyshotにアクセスしてみると、PCと同じように写真を保存できました。スマートフォンで撮影した写真は残しておくべきか迷うことが多いので、ちょっとした写真はJollyshotに預ければ、メモリの節約に重宝できそうです。


Jollyshotは、面倒な登録やサインアップはなく、アクセスするだけでサクッと使えるのが便利なところ。とりあえずブックマークしておくべき無料サービスです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
10秒以内に消滅する写真を送れるアプリ「Snapchat」を使ってみました - GIGAZINE

無料かつ会員登録・アプリ不要で写真を誰とでもすぐ共有できる「Pixomize」 - GIGAZINE

削除したファイルを3クリックで復元できるフリーソフト「Remo Recover Free Edition」 - GIGAZINE

無料で容量無制限のクラウドフォトストレージ「Circ」を使ってみた - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.