メモ

Facebook/Twitter/Evernoteなどの創業者が起業家のために書いたメモ「Startup Notes」


初めて起業するときには、わからないことがたくさんあり、アイデアに詰まってしまい、前に進めなくなることがあるそうです。「Startup Notes」は、FacebookやTwitter、Evernoteの創設者が、起業家のために書いた「一言アドバイス」や「メモ」をまとめた本で、起業の時に不安になったり、アイデアに詰まった時に読むと、いい刺激をもらえそうな内容になっています。

2013 Startup School
http://startupnotes.org/

◆1:フィル・リービン(Evernote CEO)


1社目はコンサルティングの会社、2社目は暗号化の会社、そして3社目に起業したのがEvernoteです。


「大好きなものを作りましょう!」


早い段階で共同創業者を育成する


一緒に起業できないような友人をつくらない


構造化することに特化しない。商品に対して創造的になる。


日々の業務は楽しくない。月々の業務が楽しいのです。


出口戦略を立てない。売りたくないものを作ること。


自分のために作りなさい。


◆2:Dan Siroker(Optimizely CEO)


最初に製品を購入してくれた人に多くの時間を費やす。


コードを書く前に、製品が売れました。


A/Bテストはデヴェロッパーを必要とすることが障害。


マーケットを知らない限り、優先順を付ける事は難しい。


いい質問をすることは、アドバイスすることよりも重要です。


厳しいフィードバックはループするもの。でも、今は140人の顧客がおり、10の言語に対応、5000人のユーザーがいます。


起業家はアルゴリズムを書く。


◆3:Ron Conway(SV Angel CEO)


最初は人に投資する。


SV Angelが投資する企業のうち40%は倒産する。うまくいくまで何度も繰り返す創設者は影のヒーローです。


メトリクスに関して文句を言わない。


価値を与えてくれる投資家を探しなさい。


ソーシャルアプリはコミュニケーションの方法を変える。


素早く行動すること。条件規定書は、職務を強制することと同じです。


製品に集中することが重要。


決断力のある人間になる。


共同創設者であろうが、素早く雇い、素早く解雇。


何が足りないかを知ること。


デザインはコードよりも重要である。


◆4:Chris Dixon(AIGZ)


素晴らしいアイデアは、一見悪く見えることもある。2つの条件を満たしているものがベストなアイデア。


誰も知らないヒミツを知りましょう。


ボトルの水のように明らかでした。


自身の経験を役立てる。


別々の機能。


権力者はまるでおもちゃを扱うかのように解雇する。


それは社会規範に挑戦することですか?


◆5:Diane Greene(VMware 投資家)


大きなビジョンを持っていました。


オフィスで修正してはいけない!


価値を与え、方向性を定めてくれる人物を探すこと。


デッドラインは、全てのことに役に立ちます。


大事なのは人の人生を楽にすること。


◆6:Chase Adam(Watsi アドバイザー)


非営利団体は糞食らえ。


いいことを、上手にすること。


信頼を勝ち取りなさい。


非営利団体の最悪なところは「誰もNoと言わないこと」


黄金律に従う。


ユーザー数・収入・資金調達がゼロということは、誰からも恩をうけていません。


自分自身より大事なことを見つける。


世界を小さくする=世界を良くする


◆07:ジャック・ドーシー(Twitter 創設者)


ジャック・ドーシーは起業家に送る一言として、お気に入りの本の一節を引用しています。

「The Art Sprit」(著:Robert Henri)から、「すでにやったことをするためにここにいるわけじゃない。拒否されることを心配するな」


「The Score Takes Care of It self」(著:Bill Walsh)から、「誰かの夢のためにやるんじゃない」「うまく行っているときほどしんどいことをやれ」「褒める>非難する」「小さなことが問題を明らかにする」


Daily(毎日)という題名のノートを作り、「すること」「しないこと」をリスト化して毎日チェックするだけで、集中できる。


◆08:マーク・ザッカーバーグ Facebook CEO


自分が作りたいものを作りました。


Facebookが、ここまで大きくなることは予想できませんでした。


アプリは、もっと人間っぽくなるべき。


他の人のためにやることが、趣味のようなものでした。


決心しろ。


あの失敗のおかげで何十億も損しました……まあ、いいでしょう。


社員を雇うときに大事なのは、自分がその人の下について働けるか、ということ。


スタートアップが魅力的だなんて、絶対に思っていませんでした。


重要なことを1つだけ選びなさい。


◆9:Natan Blecharczyk(Airbnb 創設者)


成功数より失敗数が多くなる。


全ての経験は付加されていきます。


パートナーを選ぶ事が1番重要。


スタートアップのライフサイクルはこんな感じで、起業したばかりの時は順調ですが、すぐに下降線をたどります。しばらく不調が続いた後に、段々と回復していきます。


やめる前に100%出し切りなさい。


物差しで測れないことに挑戦する。


下記のURLから購入可能で、1冊40ドル(約4000円)。日本への発送は20ドル(約2000円)かかります。

Buy Startup Notes
http://buy.startupnotes.org/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スタートアップ企業が顧客をゲットするためにするべきこと - GIGAZINE

スタートアップを成功させた企業創設者が絶対に言わない10のこと - GIGAZINE

シリコンバレーのスタートアップ企業が次々と食品業界に参入、その勝算は? - GIGAZINE

スタートアップとして起業するためのビジネスプランの作り方まとめ - GIGAZINE

スタートアップのアイデアを効率的にまとめられるアプリ「Elevatr」 - GIGAZINE

スタートアップ資金をすべて無くしてしまったらどのような世界が見えるのかという体験談 - GIGAZINE

技術力のある人が起業してスタートアップのCEOになるとかかる呪い - GIGAZINE

スタートアップとして起業するための資金調達のステップをわかりやすく図式化するとこうなる - GIGAZINE

優秀なプログラマーが魅力的なスタートアップ創業者を探して出会えるアプリ「Coder’s coffee」 - GIGAZINE
モバイルゲームを開発した13歳の少年がスタートアップ企業を設立 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.