試食

12倍の大きさの「森幸四郎1kgどら焼き」など大丸東京店1周年記念びっくりビッグサイズお菓子試食レビュー


大丸東京店が「ほっぺタウン1周年!スペシャルサプライズ」として様々なキャンペーン商品を販売しています。なかでもビッグサイズのどら焼きや東京土産の定番のひよ子など気になる商品が目白押しだったのでさっそく買って食べてみました。

大丸東京店のチラシと店舗情報|シュフー Shufoo! チラシ検索
http://www.shufoo.net/shxweb/site/shopDetail/175217/

大丸東京のチラシには岡埜栄泉総本家の1kg豆大福、森幸四郎の1kgどら焼き、東京ひよ子のひよ子家族の3倍バージョン、赤坂青野の1周年記念求肥、ピエール・エルメ・パリの約2.5倍のマカロン・アンディヴィデュエル、マミーズアンスリールの大きな丸ごとりんごパイの販売が告知されていたので実際に店舗へ行って買いに行ったところ、残念ながら既に岡埜栄泉総本家の1kg豆大福は売り切れであったものの、それ以外は大体ゲット。


ずらーり。


森幸四郎の1kgどら焼き(税込2500円)は高級感のある雰囲気。通常サイズのどら焼きの袋を重ねてみると、かなり大きなことがわかります。


原材料を見ると保存料が使われておらず、本格的な作り。


箱を開封するとビニールに包まれた1kgのどら焼きが登場。


手に持ってみると大きさが分かりま……というか重すぎ。


通常サイズのどら焼き・iPhone 5と比べるとこんな感じ。すごく……大きいです。


お皿を抜いた重量は本当に1kgでした。


そのままかじるわけにもいかないので、どら焼きを8分の1の大きさにカットします。


切ってみるとおびただしい量のあんこがコンニチワコンニチワ!


普通のどら焼きよりもあんこの比率が多そう。さっそく食べてみることに。


やはり見た目の通り、通常サイズのどら焼きよりもあんこの比率が多く、あんこの味が強め。しかしながらあんこ・生地も本格的な作りになっており、どら焼きの生地・粒あんとも上質。


端はどら焼き生地が多いので、あんこと生地がいい感じの比率。ただかなり甘いので濃いめのお茶を用意したほうが良さそうです。


次は3倍サイズの大きなひよ子(税込630円)にチャレンジ。


材料にはひよ子の中身の白餡などが確認できます。


開封すると包み紙にくるまれたひよ子が。包み紙をはずしてみます。


包み紙から外すとこんな感じ。重量は91グラムで通常サイズのひよ子は30グラムほどなのでやはり3倍の重量。


通常サイズと並べると親子のよう。ひよ子の親が3倍サイズひよ子というのも妙な感じがしますが、食べてみることに。


やはりこちらも中の白餡の比率が多く、通常のひよ子よりも甘い印象で、小さなサイズと食べ比べるとその差は歴然です。ブランドネームのある商品なので、会場でもよく売れていました。


赤坂青野の1周年記念求肥(税込1260円)はもはや求肥ではない雰囲気。


原材料には小豆・栗・白玉などの求肥おなじみの原材料が確認できます。


重さはビニールの包みを含めて402グラム。


求肥の上には砂糖・栗の甘露煮・小豆などが確認できます。


カットするとこんな感じ。求肥・あんこ・ねりきりの層になっています。さっそく食べてみることに。


大きくなってはいるものの、小豆だけではなく、ねりきりも多く入っているので、そこまであんこの味の強さは感じません。ただかなり甘いので濃いめのお茶は必須。


ピエール・エルメ・パリの約2.5倍のマカロン・アンディヴィデュエル(税込1680円)は箱の雰囲気もオシャレ。


原材料はまったく書かれていませんでした。


箱を横に押し出して開封します。


大きさは手のひらに乗るサイズ。


重さは57グラムで、元のマカロン自体が小さいので、段違いに大きかったり、重さがあるわけではありません。


アンフィニマンジャスマンという味で、側面には緑色のクリームが確認できます。


やはりこちらも甘く、紅茶やコーヒーが食べる際に必要。ジャスミン風味の味がするとの説明でしたが、マカロンの生地よりも、クリームが多くなるので、クリームの味を強く感じます。


マミーズアンスリールの大きな丸ごとりんごパイ(税込840円)はりんごをパイ生地で包んだものなので、普通の大きさ。


原材料には保存料が使われておらず、本格的な作りであることがうかがえます。


開封するとこんな感じ。りんごのへたがパイ生地で作られておりキュート。


重さは紙込みで431グラム。頑張れば一人で食べ切れそうな量。


カットすると中にはりんごが確認できます。


4分の1サイズにするとこんな感じ。食べてみます。


特にサプライズは無いものの、他の商品のように甘すぎてしまうことは無く、煮込まれたりんごの酸味と砂糖の甘味・パイ生地のバターのコクがちょうどいい感じで、シナモンの味は弱め。特にサプライズはない一品ですが、味のバランスがとれています。


大丸東京のほっぺタウン1周年!スペシャルサプライズは8月21日(水)から9月10日(火)の期間限定になっています。一人で食べるには大きすぎるものばかりですが、家族へ買っていったり、パーティや集まりなどに持って行くと喜ばれそうな品になるので、そういったお土産にオススメです。


・関連記事
山盛りホイップクリームのパンケーキを関西初上陸のEggs ‘n Thingsで食べまくってきました - GIGAZINE

ハワイで一番有名なハンバーガーショップ「クア・アイナ」で全トッピングを追加して超ド級サイズにしてみた - GIGAZINE

本当にド迫力で圧巻の二郎系冷やし中華を「千里眼」へ行って食べてきました - GIGAZINE

食べても食べても終わらない恐怖、あの「ラーメン二郎」を必死で攻略してきました - GIGAZINE

いつもの1.8倍の「メガ肉まん」をファミリーマートで食べてみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by darkhorse_log