ハードウェア

わずか数百円で好きなものが作れる自動販売機型3Dプリンター「Dreambox」


3Dプリンターでオブジェクトをプリントアウトしようとすると、通常15ドル(約1500円)ほどコストがかかってしまいますが、カリフォルニア大学バークレー校にわずか数百円でオブジェクトがプリントできる自動販売機型3Dプリンター「Dreambox」が設置されました。

dreambox: 3d printing vending machines
http://www.3dreambox.com/


Dreamboxの仕組みを簡単に説明すると、まず、Dreambox上でオブジェクトのデザインを選んだり、デザインをサーバにアップロードしたりします。印刷物は自販機の待機列に並び、完成したらメールを受け取れるようになるというもの。


実際にDreamboxを使って3Dプリントを行う様子は以下のムービーから見ることができます。

Dreambox: The 3D Printing Vending Machine - YouTube


倉庫の真ん中にあるのは側面にDreamboxと書かれた棚。


一見家庭にありそうな棚なのですが、中には3Dプリンターが入っており、使用の際は液晶画面で操作するようです。プリントアウトするオブジェクトは1000のモデルの中から選択できるようになっています。


また、自分でデザインしたオブジェクトをアップロードしてプリントすることも可能。


ディテールにまでこだわったオブジェクトが作れます。


実際にオブジェクトを作っている様子はこんな感じ。


コロコロ……と半筒を通って完成したオブジェクトが落下。


完成したらメールが送られてきます。


メールが送られてきてから15分間自販機はアンロックされるので、その間にオブジェクトを取りに行く仕様。もし15分の間にオブジェクトを取り損ねた場合、メールに記載されているリンクをタップすれば、タップしてから5分間は再びアンロック状態になるようです。


棚の引き出しを開けると……


オブジェクトをゲットできました。


こちらがDreamboxを開発したリチャードさん、デイビッドさん、ウィルさんの3人。Dreamboxは実際にカリフォルニア大学バークレー校のエチェベリ・ホール3階に設置されているとのこと。作成可能なオブジェクトの最大サイズは14cm×20cm×14cmで、素材はABS樹脂、PLA(ポリ乳酸、トウモロコシを主原料とした植物由来のバイオベースポリマー)、ナイロン、木材、金属から選べます。費用は形を作るだけなら0.35ドル(約35円)、オブジェクトの中を完全に材料で満たすと1.75ドル(約175円)。サポートが必要な時は別途2ドルが追加されるため、3ドル(約300円)程度でオブジェクトを出力して作ることが可能です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
3万円台の3Dプリンターでアプリを利用して簡単にオブジェクトが作成可能になる「Buccaneer」 - GIGAZINE

3Dプリンタでペットの写真からフィギュアを作成してくれる「Petfig」 - GIGAZINE

約4万5000円でゲットできる安価な3Dプリンター「RoBo3D」 - GIGAZINE

3Dプリンターで食べ物を印刷へ、既存の食事を置き換える可能性もあり - GIGAZINE

わずか20万円台で買える3Dプリンター「Replicator2」実機使用レビュー、実際に立体物を作るとこんな感じに - GIGAZINE

3Dプリンターで生体組織と似た機能を果たす50ミクロンの組織を作成 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.