メモ

バッテリー消費量が最も少ない省エネブラウザはIE・Chrome・Firefoxのどれなのか?

by tetue

Windows 8上でいろいろなブラウザを動かしてみた結果、最も省エネなブラウザはInternet Explorer 10であることが明らかになりました。これは研究機関であるフラウンホーファー協会が調査したデータによるもので、IEはMozillaのFirefoxやGoogle Chromeと比べるとエネルギー使用量が18%ほど少なかったそうです。

Internet Explorer 10 is the Most Energy Efficient Browser on Windows 8
http://blogs.windows.com/ie/b/ie/archive/2013/06/05/internet-explorer-10-is-the-most-energy-efficient-browser-on-windows-8.aspx



調査対象のブラウザはGoogle Chrome 26、Internet Explorer 10、Firefox 21の3つで、テストの内容は、
・アメリカで人気のあるサイトをブラウジングする
・Adobe Flashを使った映像コンテンツを再生する
・HTML5ビデオを再生する
というもの。

ノートPCを使ってテストを実施したところ結果は以下のようになりました。これは使用した電力をグラフにしたもので、数値が低いほど省エネだったということ。IEはすべてのテストにおいてChromeやFirefoxよりも低い数値となりました。


こちらは省エネ率を表したもので、緑色はIEがChromeに対してどれだけ省エネか、オレンジ色はIEがFirefoxに対してどれだけ省エネかを示しています。たとえば、Flashの再生だとIEはChromeより18.6%省エネ、HTML5ビデオだとFirefoxよりも17.4%省エネだったということ。


「18%の省エネ」という数字だけだと具体的にどれだけ凄いのかが分かりづらいですが、全てのChromeやFirefoxのユーザーがWindows 8上でIE10を使うと、1億2000万kWh以上の節約になります。この節約分は、アメリカの1万世帯が1年間使う電力を賄えるほどの量。温室効果ガスの量で考えると、二酸化炭素の排出を8万5000トン減らすことができ、10年にわたって220万本の苗木を育て続けて得られる二酸化炭素削減量に等しくなります。

なお、Microsoftでは、ブラウザは高速化によって動作を速く終えることができ消費する電力も減らせることから、IEを少しでも速いものにすることを目指しているとのこと。

・関連記事
HTML5とFlashではムービー再生でバッテリー消費が少ないのはどちらか? - GIGAZINE

iPad miniやNexus 7などのタブレットの中でバッテリー駆動時間が一番長いのはどれ? - GIGAZINE

スマートフォンのバッテリーの減りが早い原因はバグだらけのアプリ - GIGAZINE

無線LAN使用時にスマートフォンやノートPCのバッテリー消費を抑えるシステム「SleepWell」 - GIGAZINE

3日間バッテリーがもつ4.9インチIGZO液晶搭載「AQUOS PHONE SERIE SHL22」速攻フォト&ムービーレビュー - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by logc_nt