ハードウェア

スマホからラジコンっぽく簡単操作で水中をフォト&ムービー撮影できる「ZIPHIUS」


周囲を取り巻く現実環境に情報を付加して、人間から見た現実世界を拡張することを拡張現実(AR)と言い、Googleのメガネ型PC「Google Glass」などもAR機能を持ったメガネとして話題を呼んでいますが、デバイスを水面に浮かせてラジコンのようにスマートフォンやタブレットから操作、撮影した海面や海中などの様子などを使ってゲームなどをプレイできるようにするのが「ZIPHIUS」です。

ZIPHIUS™ - Coming Soon
http://myziphius.com/

製品の詳細を紹介したムービーは以下から。

Ziphius - Features - YouTube


Ziphiusはスマートフォンやタブレットなど、モバイル端末から操作して水中で動かすことのできるデバイス。


アプリ上のコントローラを動かして前や後ろにデバイスを進めたり……


くるんと方向をチェンジすることも可能。


高性能のタービンを2つ搭載しており、時速10kmで進みます。


流体力学に基づいたフォルムをしているため抵抗が少なく、パフォーマンスを上げることに成功しました。


波の揺れでデバイスがひっくり返ってしまっても、すぐにあるべき位置に戻るように設計されています。


Wi-Fiは90mの範囲内であれば使用できるので、遠く離れた場所に浮かんでいてもコントロール可能です。


HD画質のムービーをストリーミングすることが可能。


カメラは位置を調整できるので、水面だけでなく水中の様子まで撮影可能。


デバイスの下部にはフラッシュライト。


安全性の高いLiFe PO4バッテリーを使用し、約1時間の連続使用が可能です。


今後アプリを開発していけば、ZIPHIUSが撮影している映像を元にAR機能を使ってゲームをプレイすることもできるようになります。


本体のカラーや形を変更するとこんな感じ。


トップに設置されたLEDライトは赤・緑・青に点滅します。


実際にプレイしている様子は以下から見ることができます。

Ziphius keeps on practicing! - YouTube


プールに浮かべたZIPHIUSが捉えた映像はこんな感じ。スクリーンの左右にはコントローラが表示されています。


コントローラを操作し、どんどん水上を進めていきます。


プールの端からZIPHIUSを操作する女性。


コントローラをクルクル回すと……


水面の上を回転しだしました。


ZIPHIUSの一人称視点でものを見ることが可能なので、障害物があってもスイスイ避けていけます。


ZIPHIUSは現在Engadgetで行われているコンテストにエントリーされており、投票を募っている最中。優勝すれば2万ドル(約190万円)の賞金をゲットでき、晴れてデバイスの開発・商品化ができるようになるというわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
高解像度の写真を水中で撮影可能にするデジカメ用防水カバー「OUTEX」 - GIGAZINE

海洋調査の歴史を塗り替えるかもしれないオープンソース探索ロボット「OpenROV」 - GIGAZINE

全自動運転で海上の指定したポイントを調査してデータを送信してくるボート「Robotboat Mark VI」 - GIGAZINE

海底の様子を窓から見ることが可能な水中ホテルの美麗な写真20枚 - GIGAZINE

これが本当のインターネット、世界中に張り巡らされた海底ケーブルを地図上に表すとこうなる - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.