試食

フグの切り身がごろごろ入って食べ応えある「ふくカレー」を食べてみました


ふぐの本場として知られる下関には多くのふぐ料理店があり、いろいろなふぐ料理が生まれてきましたが、そんな中の一つがふぐを使ったカレーが「ふくカレー(税込み525円)」です。国民的料理であるカレーにふぐという予想外の組み合わせですが、はたしてどんな味になっているのか、実際に食べてみました。

ふくカレー | 下関特産品市場 下関の特産品と旬の美味しいものを動画で紹介 特産品 通販 お取り寄せ
http://shimonosekitokusan.com/fukucurry.html

こちらがふくカレー。


下関や北九州などではふぐのことを「不遇」につながる「ふぐ」ではなく、「福」につながる「ふく」と呼ぶため、パッケージにも「福味」の表記。


原材料にはシロサバふぐのほか、野菜やトマトペーストなどが記載されています。


一食あたり208kcal。


お湯で温める場合は封を切らずに熱湯で4~6分、電子レンジの場合は容器に移し替えて500Wで3分間加熱します。


ということで、熱湯の中に投入し、しばらく待ちます。


時間が経ったらご飯の上にカレーをかけて……


完成。


カレーに魚は生臭いのでは?と思ってしまいそうですが、臭みはまったくなく、非常に食べやすくなっており、しかし噛み締めるとふぐが本来持っているうまみもちゃんと感じられました。カレーはやや甘めでマイルドな仕上がりなので、辛いものが苦手な人や子どもでも問題なく食べられそうです。


ふぐはかなり大きめにカットされたものがゴロゴロ入っており、一食525円という値段にも納得。


ふぐの身を割ってみました。身はいずれもくずれてしまうことなく、しっかりした歯ごたえを感じます。


ふぐ以外にも、玉ねぎの姿を発見。


魚のカレーは少しマイナーですが、クセや臭みもなく幅広い人がおいしく食べられるようになっており、かつ、かなりしっかりとふぐを堪能できる一品となっていました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
えぞ鹿肉、馬肉を使った激辛カレー「大馬鹿ヤローカレー」は後引く辛さがジワジワとくる - GIGAZINE

お湯をかけて30秒かきまぜるだけでOKな「カレーポット」の完成度を確かめてみた - GIGAZINE

お湯をかけるだけでたった10秒で食べられるフリーズドライ「香るカレー」 - GIGAZINE

辛いってレベルじゃない激辛カレーの試食イベント「救急車カレー2」、6月12日に開催 - GIGAZINE

カレー食べ放題1000円、牛ホホ肉や豚バラがゴロゴロ入ったルーにタンドリーチキンなども取り放題の「もうやんカレー」ランチバイキングに行ってみました - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.