×
メモ

JAXAのPCがウイルス感染、外部と通信してロケット情報が漏洩したおそれも

By Matoken

宇宙航空研究開発機構(JAXA)で、職員が使用していたパソコンの1台がコンピュータウイルスに感染していたことが明らかになりました。この端末ではウイルスが情報収集をして、外部との通信をしたことが確認されており、ロケットの仕様や運用に関する情報が漏洩した可能性があるとのこと。

JAXA|JAXAにおけるコンピュータウイルス感染の発生及び情報漏洩の可能性について
http://www.jaxa.jp/press/2012/11/20121130_security_j.html



JAXA ウイルスでロケット情報流出か NHKニュース
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121130/k10013864701000.html



新型ロケットの情報流出か 宇宙機構のパソコンがウイルス感染 情報収集の形跡も - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/121130/crm12113011460008-n1.htm



JAXAによると11月21日、茨城県つくば市にある筑波宇宙センターに勤務している職員の端末1台でウイルスを検知したので、ネットワークから切り離しての調査を実施したそうです。

その結果、11月26日にウイルス感染が判明しました。さらに端末の調査を調べたところ、11月28日、ウイルスによる情報収集がなされていた痕跡と、外部と通信を行ったことが確認されました。現在は情報漏洩の有無と、その影響についての調査が行われています。

漏洩した可能性のある情報は

イプシロンロケットの仕様や運用に関わる情報
イプシロンロケット開発に関連するM-Vロケット、H-IIAロケットおよびH-IIBロケットの仕様や運用に関わる情報

だとのこと。

イプシロンロケットは2010年から開発が進められている中型ロケット。2013年夏に初号機が内之浦から打ち上げられる予定となっています。

ロケット技術は軍事転用される可能性もあることから、JAXAでは「漏洩した可能性のある情報内容の特定および対応」「原因究明および再発防止のための対策」を実施し、再発防止に向けてより一層の情報セキュリティの強化に取り組んでいくとのこと。

・関連記事
NASAから国際宇宙ステーションの制御コード入りノートPCが盗まれる - GIGAZINE

NASAがスペースシャトルの極秘情報入りコンピュータをデータ消去せずに売却 - GIGAZINE

ひまわりで放射性物質を吸い上げる仕組みやレールガンも研究中、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の「構造機能試験棟」を見学してきました - GIGAZINE

水星探査機の試験機体を組み上げ中だったJAXA(宇宙航空研究開発機構)の「飛翔体環境試験棟」を見学してきました - GIGAZINE

JAXAで実物大の小惑星探査機「はやぶさ」を見てきた - GIGAZINE

見えない放射性物質が見えるようになるカメラ「超広角コンプトンカメラ」実例画像 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt