メモ

iPhoneアプリを販売したらこうなったよという売上の記録と教訓

By The U.S. Army

「最低30分以上エクササイズする」や「最大1時間の昼寝」など、日々のタスクを設定しトラッキングしてくれるアプリMy Minutesを作ったKamil Tusznioさんが、アプリがリリースされてから行ったことや売上の記録、アプリをリリースすることによって得られた教訓などをまとめたのが「Lessons From An App Launch」です。ただ機能的なアプリを作ればいいというだけでなく、売り出すためにはどのようなアプローチが必要かなどを分析しており、フリーの開発者にとっては非常に役に立つ記録となっています。

Lessons From An App Launch - Kamil Tusznio
http://www.ktusznio.com/blog/2012/09/04/the-my-minutes-launch/

◆リリース初日

By larskflem

リリース初日、Kamilさんは影響力のあるブロガーに自作アプリ「My Minutes」についてのメールを送り始めました。合計23のブログに個人的なEメールを送ったのですが、アプリの審査を待っている間にブログやブロガーのリストを作っていたにも関わらず、それは結構な仕事量となったそうです。そして午後1時頃に、ソーシャルブックマークサイトであるredditのiPhoneやプロダクティビティ、企業家カテゴリーにMy Minutesのトップページを投稿。午後2時頃には、ソーシャルブックマークサービスのソーシャルニュースサイトのHacker Newsにも記事を投稿しました。

人々はアプリを使いやすく、よくデザインされたものだと考えた様子で、多くの好意的なコメントやサポートが寄せられた、とのこと。以前、Hacker Newsの記事にコミュニティーによって貧相な製品が受け入れられているという不満がいくつかあり、Kamilさんはいくばくか心配だったのですが、その心配は杞憂だったようです。メールを送った大手の技術系ブログは当然のように連絡をしてこなかった、と彼は語ります。それらのブログが取り扱う範囲にMy Minutesは入らなかったと彼は考えています。


ということで結局のところ、リリース当日はHacker Newsやredditのコメントに返信することがハイライトとなりました。トップページを修正し、Google Chromeでいくつもタブを開き、馬鹿なくらい更新ボタンを押しながら12時間もの間、コメントやEメールを取り交わしたとのことです。

◆数値


アクセスに関してわかったのは以下のことです。

・4134人が訪れ、一人当たりのユーザーのサイト滞在時間は平均19秒だった。
・これらの人々のうち1794人はHacker Newsからで、1043人はリファラーがなく、1005人はredditからやってきた。
・トップページを訪れたすべての人のうち、購入したのは1.67%で、これは有料アプリにおいては悪くない数値である。
・アプリをリリースした次の日には883人、その次の日には129人がトップページに訪れ、その後も多くの人はHacker Newsやredditから訪れた。

トップページに訪れた1043人の人々がどこから来たのかはわかりませんが、リファラーを残さなくするようなブラウザの拡張機能を使っているHacker Newsやredditのユーザーではないかと彼は予想しています。

◆売上


アプリのセールスはトップページのアクセス数に比例しました。My Minutesはリリース初日に56回購入され、翌日は23回、その次の日には4回購入されました。もう一度言いますが、これは有料アプリにしては悪くない数字なのです。トップページのアクセス数を基本にして、来訪者すべてのうちアプリを購入したのは1.63%なのですが、不思議なことに購入者のすべてがトップページを訪れているわけではないのです。これはApp Storeがアプリを新着リストの上位に載せておくために組織的なセールスをあげたにちがいない、とKamilさんは語ります。


◆教訓

By CollegeDegrees360

・早期にリリースする

彼はアプリの機能を最小限にとどめ、できるだけ早くアプリをユーザーの前に出しました。これによってHacker Newsやreddit上で人々から多くのアイデアを得ることができました。機能が少ないため、簡単に追加すべき機能をユーザーは想像することができたのです。

・アプリの外見上の魅力をマーケットで確かめる

アプリが形式ばった雰囲気にならないよう、彼はMarkerFeltフォントを使用しました。


そしてApp Storeにある多機能で、類似商品が多くあるようなアプリと対照のものを作りたかったとのこと。これらの不満は彼が1日を通して多くの人から聞いたものです。人々はフォントを含め、よりプロフェッショナルなアプリを好んでいます。なお、My Minutes 1.0.1ではさらに明快なThonburiフォントを使用するつもりだそうです。


・ブログに取り上げてもらうのは難しい

連絡を取るべき多くのブロガーを調べる一方で、彼はリリースの日までブロガーたちと連絡を取りませんでした。これは明らかに失敗です。彼は自作のアプリをチェックし、レビューするだけの十分な時間をブロガーたちに与えなかったのだから。もしリリース初日にブログに投稿を行ってほしいのなら、あらかじめ多くのブロガーとよく連絡を取り、関係を作っておくべきでした。いいブログに取り扱ってもらうことによって成果が上がるかもしれませんが、そのためにはあらかじめ十分な土台を作っておく必要があるのです。

・価格を考える

Kamilさんは、価格についてはあまり考えなかった、と言っています。アプリを作っている他の人は価格を0.99ドル(約80円)か1.99ドル(約160円)のどちらかにしているようだったので、比較的シンプルな彼のアプリがセールスをあげたければ、0.99ドルにすべきだ、という結論に達したのです。シンプルなアプリに対しそう簡単に0.99ドルも払わないのではないか、と心配したのですが、最小限の機能であるということは、それ自体が特徴なのです。My Minutesのシンプルさを、その日受け取ったコメントの多くが賞賛しました。アプリは非常に使いやすく、人々は自分で設定した時間をすぐさまトラッキングし始めることができるのです。後から考えると価格を1.99ドルに設定することを恐れるべきではなかったのですが、1.99ドルで設定した場合、どのような売上になっていたのかはわかりません。

また、彼があまり考えなかったもう一つのことに無料モデルがあります。Kamilさんは独立して開発を行っているので、アプリから収入を得る必要があります。0.99ドルは1日の収入を得る方法として明快に思えたのです。

・SEOを無視しない

Hacker Newsユーザーの勧めによって彼はアプリの説明書きとトップページの両方において基礎的なSEOを調査しました。すると、幸運なことに彼は合理的なキーワードをまとまった箇所で使ってリリースを行っていました。一つミスを犯したとすれば、彼はApp Storeでのタイトルをもっと長くして、キーワードをさらにうってつけのものにすることが可能だったということです。Kamilさんは「My Minutes」を「My Minutes Time Tracker」として提出すべきだったと考えています。アップデートの際にタイトルをMy MinutesからMy Minutes Time Trackerに試してみるかもしれない、とのことです。

◆無料アプリ

By Howdy, I'm H. Michael Karshis

初めの数日、アプリはよく受け入れられ、セールスも穏当でしたが、アクセス数は次第に減っていきました。彼は再度機能を構築したいと思っていますが、成功させるにはさらなるMy Minutesのユーザーを必要とします。それを念頭において、新しく無料アプリを作ったそうです。redditに再投稿したところ、結果はなかなかのものだったと彼は語ります。

当前のことなのですが、人々は喜んで無料アプリを試します。redditから訪れた人のうち、有料アプリを実際にインストールした人々は全体の1.67%でしたが、無料アプリでは7.58%まで跳ね上がりました。My Minutesをレビューしたブログなどからアクセスした場合のインストールも多く、43.96%にまでのぼりました。これらからわかるのは、環境とターゲットを定めることの重要性です。影響力のあるブログなどから来る人々はredditの企業家カテゴリーから来る人々よりも個人的な時間を記録することに興味があるのです。

◆これからの動向

By Marco Bellucci

App Storeでアプリがリリースされて1週間後、My Minutesは566人のユーザーを得て、redditのプロダクティビティ・カテゴリーで185位になりました。次は商品を売り出している間にユーザーから得たフィードバックでアプリを仕上げなければなりません。タイムレポートのようなプレミアム機能を作るか、もしくはAndroidバージョンのアプリを作るか、ということの決定もしなければならず、開発の仕事に加えて既存のMy Minutesについてもアピールし続けなければなりません。彼はアプリに着手した日やアップデートした時にはこれまでアプリがどのように受け入れられてきたかを書くつもりだ、とのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Android用アプリ開発が難しい原因が機種数の多さによる断片化であることがよくわかる図 - GIGAZINE

7月1日開始、iPhoneアプリ開発者の新たな収益源となる「iAd」の実例 - GIGAZINE

Facebookが元iPhone開発者を雇い入れて独自のスマートフォン開発を推進か - GIGAZINE

パズドラの生みの親「私は万人受けするゲームを作れるタイプではなかった」と誕生秘話を告白 - GIGAZINE

「一つでも多くの作品を残して死にたいです」サイバーコネクトツーと松山社長のすべてがわかるインタビュー完全版 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.