ハードウェア

遠隔操作で家にいながら学校・職場などに行けるiPad用ロボット「Double Robotics」


家から一歩も出なくともiPadのカメラを使って職場や学校、美術館などの様子を見たり、その場にいる人々とコミュニケーションを取ることを可能にするのが、遠隔操作で動かすことができるiPad用ロボット「Double Robotics」です。

Double Robotics - Wheels for your iPad
http://www.doublerobotics.com/

ムービーは以下から。

Double by Double Robotics - Pre-order Now on Vimeo


キッチンには手にiPadを持った男性。


画面上にある2つの地図のうち、左の地図をクリックします。


すると、地図の場所に置いてあるDouble Roboticsのキックスタンドが上にあがり、動き出します。


向かった先は……


講師と生徒たちがディスカッションしている講義の場。iPad画面にはキッチンで操作している男性の顔が映っています。


iPadのカメラを使って講義が行われている様子を見ることができます。画面右下の矢印からDouble Roboticsの動きを操作。


まるで一緒にその場にいるかのように、生徒たちとコミュニケーションを取ることを可能にします。


左下にある下向きの矢印を押すと……


スタンドの高さを調整し、カメラを生徒たちの顔の高さに合わせることができます。高さは100cm~150cmの間なら自由に調整可能、本体の重さはiPadを含めて約7キロです。


今度は窓辺に座る男性。


次はもう一方の地図をタップ。


すると別の場所にあるDouble Roboticsが動き出します。


今度は研究所に置いてあるもののようです。


研究者の近くに移動させ……


開発製品の説明をリアルタイムで聞いています。


夜になって、リラックスする2人。


Dorsch Galleryというマイアミにあるギャラリーの名前をタップ。


するとDouble Roboticsが起動し……


ギャラリーの中を動き回ります。


見たい作品の場所まで矢印でDouble Roboticsを操作します。


Double Roboticsがあれば、家から一歩も出ずに、遠く離れたギャラリーを楽しむこともできるというわけです。


バッテリーを1度チャージすると8時間の駆動が可能。通常価格は2499ドル(約20万円)ですが、事前予約すると1999ドル(約16万円)で、今注文すると2013年の初めに届くとのこと。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
スカイプを使ってカメラの位置や向きを変えられるAndroid用ロボット「Botiful」 - GIGAZINE

「乗れるロボットが作りたい」、スコープドッグを作り出した鉄アーティスト・倉田光吾郎さんにインタビューしてきました - GIGAZINE

iPhoneやiPad経由でコントロール可能なロボット「iDroid」 - GIGAZINE

iPhone/iPad/iPodをキャラクターっぽく変身させる「MOBOTO」 - GIGAZINE

スマホやタブレットで遠隔操作可能な月面車を月で走らせるプロジェクト「Remote Rover Experiment」 - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.