スマホ遠隔操作・ジェスチャー操作・Amazon Alexaとも連携可能なディスプレイ付スマート目覚まし時計「Oboo Smart Clock」


毎日同じ時間に起きて同じ時間に出勤するサイクルが定着した現代社会では、毎朝きっちり同じ時間に起こしてくれる目覚まし時計は、私たちの生活に欠かせないものになっています。スマート目覚まし時計「Oboo Smart Clock」は、1日をスタートさせる目覚まし時計とインターネットを接続し、日々の生活をよりスムーズにしてくれる新しい目覚まし時計です。

Announcing the Oboo Smart Clock - Onion
https://onion.io/announcing-the-oboo-smart-clock/


「Oboo Smart Clock」がどんな時計になっているのかは以下のムービーを見るとわかります。

Oboo Clock. WiFi. Gesture. Touch. Smart.


「Oboo Smart Clock」はこれまでにない全く新しい時計で、高いデザイン性を持ち、私たちの時間を節約して生活を一変させます。


「Oboo Smart Clock」は普通の時計と同じように、好きな時間にアラームをセットすることが可能。


アラームが鳴ってもまだ起きられないときは、「Oboo Smart Clock」に手をかざすとスヌーズ機能が作動します。


本体上部をタッチすればアラームを止めることもできます。


「Oboo Smart Clock」はインターネットと接続し、さまざまな情報をカードとして画面に表示することが可能。


「Oboo Smart Clock」の前で手を上下にスライドするジェスチャーで、現在開いているカードの詳細情報が表示されます。


手を左右にスライドさせると別のカードが開きます。いつもの通勤ルートの交通状況を表示させたり……


予定表を表示させたりできます。


タイマーとしても使用可能。


「Oboo Smart Clock」をBluetooth対応端末と連携させ、スピーカーとして音楽を再生することもできます。


タッチ操作で音量調節が可能。


「Oboo Smart Clock」は常にWi-Fiで接続されており、スマートフォンにアプリをインストールしておけば遠くから遠隔で操作ができます。また、Amazon Alexaとの連携も可能なため、Alexaに声をかけるだけで……


離れた場所にある「Oboo Smart Clock」のアラームをセットすることも可能。


「Oboo Smart Clock」はワイヤレス充電にも対応しており、面倒な手間がかかりません。本体の後ろにはUSBポートが備えられていて、電源アダプターを差し込んで他の機器を充電することも可能。


就寝するときも手をかざすだけで消灯します。


「Oboo Smart Clock」本体の色は、チャコールブラックとミネラルグレーの2色から選べます。


「Oboo Smart Clock」は縦30mm、横152mm、高さ62mmで、重さは「Oboo Smart Clock」「Oboo Smart Clock Music」が338g、「Oboo Smart Clock +」が384g。高品質なスピーカーを搭載しており、「Oboo Smart Clock Music」と「Oboo Smart Clock +」はBluetooth接続で音楽を再生可能です。大きな画面は知りたい情報を一目で確認でき、時刻や天気、交通状況などの情報はWi-Fi経由で信頼できるソースから自動的に取得するとのこと。上部には触って操作可能なタッチパッドも付いています。


発光する上部のタッチパッドは、画面の表示に対応したボタンとしても操作可能。


さらに、音量調節のときにはスライドバーとしても操作できます。


ムービーにあったとおり「Oboo Smart Clock」はAmazon Alexaと連携可能で、手持ちのAmazon Echoに呼びかければ「Oboo Smart Clock」のタイマーをセットできます。さらに、無料でさまざまなアプリ同士を連携可能なウェブサービス「IFTTT」とも連携可能で、「Oboo Smart Clock」のアラームをトリガーにして他のアプリを操作することができます。


「Oboo Smart Clock」は「Oboo Smart Clock」「Oboo Smart Clock Music」「Oboo Smart Clock +」の3種類があり、Bluetoothでの音楽再生と内蔵バッテリーは「Oboo Smart Clock Music」「Oboo Smart Clock +」に搭載されており、ワイヤレス充電機能は「Oboo Smart Clock +」のみに搭載されています。


「Oboo Smart Clock」を開発するOnionはクラウドファンディングサイトのKickstarterで製品化に向けた出資を募集中。目標金額として2万5000ドル(約280万円)が掲げられていたところ、記事作成時点で既にその7倍の17万4000ドル(約1900万円)以上が集まっています。「Oboo Smart Clock」プロジェクトでは、88ドル(約1万円)の出資で「Oboo Smart Clock」1つ、電源アダプター1つのセットをゲット可能で、99ドル(約1万1000円)の出資で「Oboo Smart Clock Music」1つ、電源アダプター1つのセットをゲット可能。なお、1番人気の「Oboo Smart Clock Music」は、出資締め切りまでのブラックフライデー特典として79ドル(約8800円)の出資で「Oboo Smart Clock Music」1つ、電源アダプター1つ、トラベルポーチ1つのセットをゲット可能。また、119ドル(約1万3000円)の出資で「Oboo Smart Clock +」1つ、電源アダプター1つ、ワイヤレスチャージャー1つのセットをゲット可能です。送料25ドル(約2800円)で日本への発送にも対応しており、発送は2018年6月頃が予定されています。

なお、「Oboo Smart Clock」への出資期限は日本時間で2017年12月2日11時です。

Oboo Smart Clock - Designed Around Your Day by Onion - Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/onion/oboo-smart-clock-wifi-connected-and-gesture-contro

・関連記事
「Kickstarter」へ出資してゲットする方法&出資しまくった経験からわかった注意点まとめ - GIGAZINE

UFOキャッチャーで景品を取るまでアラームが鳴りやまない目覚まし時計は想像以上の騒々しさ - GIGAZINE

部屋中を逃げ回る目覚まし時計を捕まえないとアラームが鳴り止まない「ナンダクロッキー」を使ってみた - GIGAZINE

目覚まし時計に快適な睡眠&起床のサポート機能などの多機能を盛り込んだ「BEDDI」 - GIGAZINE

起きないと電気ショックでたたき起こされる腕時計型デバイス「Pavlok Shock Clock」 - GIGAZINE

Microsoftの顔認識技術で変顔を撮影するまで鳴り止まない目覚ましアプリ「Mimicker Alarm」を使ってみた - GIGAZINE

この世の終わりかと思ったら超大音量の目覚まし時計「スーパーライデン」だった - GIGAZINE

・関連コンテンツ

52

in ハードウェア,   動画, Posted by log1h_ik