デザイン

いちいちフライパンの底をのぞき込まなくても火加減がわかる「Smart Angle」

By touchfood

料理をしている最中、コンロの火力を確認するためにはフライパンの底をのぞき込む必要がありますが、そんな時にかがんだり無理な体勢を取らなくても立ったまま火力を目視できるようにしたのが「Smart Angle」です。シンプルなコンセプトデザインですが、うっかり火を出しすぎてフライパンの中身を焦がしてしまう危険もありません。

Smart Angle – Cooking Flame Indicator by Hsu Sean & Yih-Wenn Luo » Yanko Design
http://www.yankodesign.com/2012/05/14/smart-flame-control/

コンロを使って料理をしている時、鍋やフライパンが邪魔で火力確認がしづらいこともしばしば。

By EJP Photo

そんな時にフライパンの底をのぞかなくても火力を目視で確認できるようにしたのがSmart Angleです。


使い方はこんな感じ。コンロの手前にSmart Angleを置くだけです。


これは屈折を利用してコンロの火を手前のスクリーンに映し出すという仕組み。


Smart Angleを使えば、年配者が火力確認のために無理な体勢を取って背中や腰を痛めてしまうこともありません。

By mamamusings

火を出しすぎて料理を丸焦げにしてしまうこともなく、Smart Angleがあれば、よりスムーズに料理が可能になるというわけです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
器から立ち上る火柱、京都の「めん馬鹿一代」でちょっと危険なラーメンを食べてきた - GIGAZINE

ガスコンロやフライパンのガンコな汚れを劇的に落とすアルミホイル掃除法 - GIGAZINE

PCとクッキングヒーターとまな板を合体させた携帯可能な小型多機能キッチン「Electrolux Mobile Kitchen」 - GIGAZINE

キッチンでの料理や掃除にまつわる、実はちょっと注意した方がいい行動6パターン - GIGAZINE

誰でも家庭で板前の味を再現できる「煮物調理支援システム」 - GIGAZINE

ローソクの火を使って発電、スマホも充電可能な「tPOD1」 - GIGAZINE

in デザイン, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.