アート

プライバシーを保つため通行人を検知して動きまくるカーテン「My little piece of Privacy」


部屋のあるじのプライバシーを保つため、小さなカーテンが窓の外の通行人に合わせて右に左に動きまくるというシュールなアートが「My little piece of Privacy」です。

Niklas Roy: My little piece of Privacy
http://www.niklasroy.com/project/88/my-little-piece-of-privacy/

My little piece of privacy - YouTube


部屋のあるじがシャッターを開けると窓にはカーテンが。窓の大きさに対してちょっと小さすぎる気がします。


「Curtain Control」と書かれたボックスの電源を入れます。


パソコンを立ち上げると……


画面にCurtain Controlの文字。


窓の前を写した映像に画面が切り替わります。


プライバシーを守るにはあまりにも頼りないカーテンですが……


シャッ


手押し車を押す人の動きにあわせてカーテンが動き、部屋の中を見られないようにします。


左側から歩いてきたおじさんに合わせて右へ移動していくカーテン。


続けて左側から女の子3人組が歩いてきたので、あわてて右から左へと戻ります。


女の子たちに合わせてスススっと再び右に流れていきます。ものすごく注目をあびています……。


これは監視カメラが捉えた通行人の動きを、コンピューターが検知し、カーテンを操作しているという仕組み。


通行人の動きはこんな感じで分析されます。外にはベビーカーを押すお父さん。


カーテンの動きが気になるのか、手を広げるお父さん。


お父さん、赤ちゃんをそっちのけでジャンプを始めました。コンピューターはしっかりと動きを検知しています。


こちらの女性もカーテンが気になったのか、謎のポージング。


今度は左に。


激しく頭を振り回して、カーテンがどう動くのか確認しているようです。


おじいちゃんも思わず立ち止まります。


右手を振ると、手の動きがコンピューター画面に映し出されます。。


バイバイ、と手を振って立ち去ります。


カーテンレールの端にはこんな風にモーターが取り付けられています。


男性が窓の外を通り過ぎると……


モーターがレールを引っ張り、カーテンが動きます。


外から見るとこんな感じ。


外が暗くなっても通行人の動きを検知し、カーテンは動きます。


思わず見入る通行人。


シャッターを下ろし、本日はこれにて終了。


プライバシーを守るどころか、かなり注目を集めてしまう結果となっているのは、作者のNiklas Royさんも認めているところです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ペットのプライバシーを守る「肛門カバー」が販売中 - GIGAZINE

空から見ると全裸で人が寝転がっているのがわかる「Aerial Nudes」 - GIGAZINE

ヌードマネキンの足の間で殻を割るシュールすぎるナッツクラッカー - GIGAZINE

シュールなオフィスチェアで創作意欲が向上するかも - GIGAZINE

520匹の招き猫が一斉に動く現代アート「幸福の大群」のムービー - GIGAZINE

in 動画,   アート, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.