レビュー

Amazonの商品画像を好きなように切り抜く「Clilin(くりりん)」


自分のブログで本やガジェットを紹介したいとき、Amazonの商品画像を使うと非常に便利。もしアフィリエイトをやっている人なら、そこに自分のアフィリエイトIDを入れれば多少なりとも収入も入って言うことはありません。

そんな時に便利なのが、商品画像を好きなように切り抜くことができるネットサービス「Clilin(くりりん)」です。直感的にわかりやすいインターフェイスで、自分の好きなように画像を切り抜けるので、普通に画像を貼り付けるだけとは違うちょっと雰囲気の違うサイトを作ることが簡単にできるようになっています。

Clilin - くりりん:amazon画像切り抜きサービス
http://frieco.ddo.jp/clilin/



書籍「未来への暴言」を使って、実際に画像を作ってみることにします。まずは検索結果から「これを編集する」をクリック。


編集画面。画面左側のパラメータをいろいろといじくって「プレビュー」を押すと、いまどういう画像が出力される状態なのかがわかります。


商品画像はかならず全体を見せなければならないわけではなく、こうやって一部分のみを切り抜くことも可能。


最後に「切り抜きコード作成!」をクリックすれば、好きな画像を表示できるコードができあがります。このコードをブログに貼り付ければOK。


ということで、作った画像を貼り付けてみました。サイズは縦400×横300で、画像をすこしだけ反時計回りに傾けてみました。

GIGAZINE 未来への暴言


ちなみに、画像自体の切り抜きはしなくてもいい、とにかく画像付きリンクを簡単に作りたいという場合は「Amapic(あまぴく)」というサービスも便利です。

Amapic(あまぴく) - Amazonの画像リンクを簡単に作る



なお、このサービスを作った経緯は「ブログに本の画像を貼りたいことがときどきあるのだけど、そういうときに使いやすいサービスがあったらいいなと思って作ってみた」とのこと。

・関連記事
日本の電子書籍の来るべき未来、AmazonのKindle戦略を徹底解説 - GIGAZINE

Amazonの各カテゴリで今何がよく売れているのか一目で見てわかるサイト「Bestseller today」 - GIGAZINE

Amazon.co.jpの商品を「どっちが好き?」で比べて遊ぶ「Amash」 - GIGAZINE

「防弾ザブトン」がAmazonで販売中、トカレフで撃っても大丈夫 - GIGAZINE

Amazonがクラウドに関する「都市伝説」に反論、「AWSの真実」とは? - GIGAZINE

in レビュー,   ネットサービス, Posted by logc_nt