試食

どこかで飲んだ感じのある桃のかすかな風味、「白桃薫る 夏水」レビュー


コンビニエンスストアで買い物をしていると、パック飲料のコーナーに森永乳業の「白桃薫る 夏水」というちょっと変わった飲み物を見つけたので、思わず買ってしまいました。

1リットルの紙パック入り。


分類としては「清涼飲料水」に分けられています。原材料は砂糖・果糖ぶどう糖液糖、もも果汁、香料、酸味料。


使用している果汁は1%。


200mlあたり38kcal。


グラスに注いでみると完全無色透明。


桃風味の飲料ということで予感はしていたのですが、以前よく売られていた「桃の天然水」の風味をもうちょっと薄くしたような感じ。最近はミネラルウォーターにフルーツの味をつけたものがありますが、あれよりはわずかに濃いかも。確かに桃の味はしますが、桃の果汁のべったりとした甘みはなく、さっぱりと喉を通っていきます。飲んだあと、口の中にえぐいというほどではないものの、微妙に酸味が残るので、これがもうちょっと少なければよかったかも。

・関連記事
濃い桃の天然水を薄めると普通の桃の天然水になるか試してみました - GIGAZINE

ジュースではなく水、だけどみかん味の「い・ろ・は・す みかん」試飲レビュー - GIGAZINE

徹底的にこだわりぬいた桃を使用したデニーズの桃デザート4種類レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logc_nt