ヘッドライン

2011年2月7日のヘッドラインニュース


3月13日(日)から大阪府立体育会館にて開催予定だった「平成23年大相撲三月場所」が力士による八百長問題を受けて中止となることが2月6日に日本相撲協会から正式発表されました。

八百長問題についての調査は長期化が見込まれており、5月に予定されている夏場所についても開催を懸念する見方が相撲協会の関係者から出ているとのことですが、全容が解明され、正常化するのはいったいいつの日になるのでしょうか。

ちなみに、1年前のGIGAZINEではこんな記事を書いていました。

清らかな雰囲気からセクシー路線まで、ロシアの女性警察官の写真いろいろ - GIGAZINE

カイジの名場面を再現した「利根川焼き土下座香炉」、肉の香りのお香付き - GIGAZINE

「痛車」や「痛チャリ」を越えた「けいおん!」の「痛団地」が登場 - GIGAZINE
◆ネタ(メモ・その他いろいろ)
NEWSポストセブン|就活学生「貴」つければ丁寧になると思い面接官に「貴様」

「日本語をよくわかっていない年代だから、と言えばそれまでですが、御社・貴社の混同くらいならまだかわいいものです。何でも『貴』を付ければいいと思ったのか、面接中に『貴殿は~』『貴氏は~』と言われたことがあります。最初、『キシ』『キシ』と言うから誰を呼び捨てにしているのだろうと思ったら、私のことでした」(流通・採用担当者)

なんと面接官に「貴様」という猛者も。ネタだと思いたいくらいにひどい。

キュゥべえ先生から学ぶ交渉術(魔法少女まどか☆マギカ - ほわいそーしりあす?(旧「書店員の異常な愛情」)

突然事態に巻き込んでしまう⇒マミによる「魔法少女の圧倒的な力」のデモンストレーション⇒「貴方も(選ばれた人間なので)魔法少女になれるんです!」というサプライズ。
教科書通りの営業手法ですね。

メリットと業務概要だけは説明、しかしリスクはボカす。
まぁ当然です。

「みなさんすぐにご契約されてますよ!(貴方は損をしています!)」


◆サイエンス(科学・学問・テクノロジー)
人類の脳、3万年で1割縮小 進化か退化か? 国際ニュース : AFPBB News

一方、人類の脳が小さくなったことは知性の低下を意味しない、と米デューク大学(Duke University)の人類学者、ブライアン・ヘア(Brian Hare)准教授は語る。むしろ、別種の、より洗練された知性を身につけたのだという。

必ずしも脳の大きさと知性は比例するものではないということか


◆社会・政治・経済(事件・世界のニュース・ビジネス)
選挙:岩手・陸前高田市長選 小沢氏が支援の前県議が敗れる - 毎日jp(毎日新聞)

投票率は80・28%。民主党の小沢一郎元代表の強制起訴後初の地元・岩手県での首長選。小沢元代表が現地入りして、菅原氏を支援した

小沢氏の「お膝元」での出来事であるだけに、非常に大きな意味を持つのではないか

「撮り鉄」に腹立て、なた振り上げ脅す : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

踏切は「撮り鉄」と言われる鉄道ファンが集まる場所として知られている。柳田容疑者は「以前から自宅の敷地に車を止められたりしていたことに腹が立った」と供述しているという。

一部の「撮り鉄」のマナーについては以前から問題視されており、路線に侵入する騒ぎ死亡事故も発生している

「30代引きこもり」6割!年金親と共倒れ (1/2) : J-CASTテレビウォッチ

そして、いよいよ深刻となっているのは、彼らを支える親の高齢化だ。年金暮らしの親は、引きこもりの子供の面倒をもはや見られなくなってきている。

現在30代ということは、逆算すると学生時代に就職氷河期が直撃した世代である上に、引きこもりを脱して働こうとしても職歴や昨今の雇用事情という問題が立ちはだかるなど、問題となる部分が多い。


◆ライフスタイル(人生・生活・健康)
義理チョコ習慣を完全廃止して欲しい! : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

企業によっては上記傾向にあるようですが、
私の職場では、年賀状・お歳暮・お中元に関しては廃止にありますが、
「バレンタイン」に関しては、男性陣は期待しています。

「紅一点」で大切にして頂いているので、バレンタイン位…と思われるかもしれませんが、
毎年3万円前後の出費は痛いです!

実は男性陣も同じ事を考えている人が多いのかもしれない


◆IT・ガジェット(ネット・ソフト・ハード・モバイル)
好きな音楽を手軽に楽しめるデジタルオーディオプレーヤー「i.μ's(アイミューズ)」シリーズ2機種6色を発売

「ブレない高倍率」でフルハイビジョン動画が楽しめる、裏面照射型CMOSセンサー搭載“サイバーショット”2機種発売 ~『DSC-HX9V』は16倍ズーム、『DSC-HX100V』は30倍ズームを搭載~

“ハンディカム”で培った技術を用い、従来比約10倍※2の補正角の光学式手ブレ補正「アクティブモード」が進化、従来のアクティブモードの縦・横方向の手ブレ補正に加え、回転方向の手ブレ補正にも対応しました。小走りをした状態や片手持ちの状態などの不安定な撮影方法でも、見やすい安定した映像を撮影できます。
また、前後のフレーム情報からノイズを判断する新しいノイズリダクション技術を投入することで、低照度撮影時のランダムノイズを抑えたクリアな動画撮影が可能です。

前モデル「DSC-HX5V」は動画撮影時の音質に難があったが、はたして改善されているのだろうか


◆スポーツ・芸能・音楽・映画(エンタメ)
【大相撲八百長】「携帯電話壊した」「機種変更した」 力士ら協会の調査に非協力的  - MSN産経ニュース

力士らは調査に協力的な姿勢を見せない上、中には当時使っていた携帯電話提出にも応じず、「壊してしまっている」「機種を変更してしまった」と弁解した者もいた。

本当に正常化できるのかが不安になる話題

・1つ前のヘッドライン
2011年2月4日のヘッドラインニュース - GIGAZINE

この記事のタイトルとURLをコピーする

in ヘッドライン, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.