レゴで広大なヨーロッパの地図を作るプロジェクト「Euromap」


約半年もの期間をかけて、レゴブロックだけを使ってヨーロッパの地図を作りあげたプロジェクトが「Euromap」です。

地図の部分だけで5万3500個ものレゴブロックを使い、地図を立体的に表現しています。さらに各地の名所もブロックで作って設置しているので、見ているだけで各地の名所を巡ったような気分になれそうです。

メイキング風景や、詳細な地図の写真は以下から。モデルにするのはこの地図。


地図を1マスずつに区分けします。


それから色数を少なくして、どこにどの色のブロックを配置するかを決めていきます。


まずは青いレゴブロックを大量に用意して海の部分を作ります。


作ったデータを元にして、色ごとに容器に分類されたレゴブロックを無心に組み上げます。


だんだんと組み上がってきました。まるで立体地図のような精密さです。


組み上がったものをばらして、1マスずつ積み上げていくとかなりの高さになります。全て繋げて広げると3.84m x 3.84mの大きな1枚の地図になります。


ヨーロッパ各地の名所もレゴブロックで表現されています。これはフランス・パリのエッフェル塔。実物よりもちょっとメカっぽい感じです。


ギリシャ・アテネにあるパルテノン神殿も、柱の倒れ具合まで表現されています。


オランダ・ロッテルダム名物の風車。


イタリア・ローマのコロッセオも適度にデフォルメして再現。


タイタニック号もぷかぷか浮かべられています。


そんな「Euromap」プロジェクトが展示されることになったようです。


1マスずつに分かれていた地図をつなげていきます。


その上に各地のレゴ製の名所を設置。かなり姿勢に力が入っていますが、やはりバランスを取るのが大変なのでしょうか。


そんな苦労のかいあって、展示中は老若男女問わず、多くの人の視線を集めていたようです。


下記サイトでほかの写真やメイキング風景を見ることができます。

t-reichling.de

・関連記事
知られざるレゴ製造工場内部の様子をムービーで紹介 - GIGAZINE

レゴでGoogleロゴを作る方法 - GIGAZINE

ただのレゴブロックにしか見えないMP3プレイヤー - GIGAZINE

拷問ごっこもできる、レゴの強制収容所 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log