×
ゲーム

ソニーが「次世代PSP(PSP2)」の準備を着々と進行中、背面にタッチパネルを搭載か


6月に任天堂が次世代モデルとなる新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」を発表したのを尻目に、一向に出てこないソニーの次世代PSPに関する情報ですが、現在準備が着々と進んでいることが明らかになりました。

高いグラフィック性能を実現することになるとされる次世代PSPですが、なんと背面にタッチパネルを搭載したモデルになる可能性があるようです。

詳細は以下から。
New PSP has touch-sensitive controls PSP News - Page 1 | Eurogamer.net

ヨーロッパの大手ゲーム情報サイト「Eurogamer」の報道によると、異なる3人のゲーム開発者によってもたらされた情報から、ソニーが次世代モデルとなる新型PSPの準備を進めていることが明らかになったそうです。

これらの情報を総合すると、次世代PSPの最も特筆すべき特徴は操作方法で、本体背面にタッチパネルを搭載することで操作が可能になるとのこと。また、本体サイズは現行モデルのPSP-3000とほぼ同じになるとされています。

なお、ソニーは先日ヨーロッパで行われたゲーム業界の見本市「GamesCom」において、次世代PSPについて一切触れませんでしたが、すでにソニーはファーストパーティーと呼ばれるソニーと親密な関係にあるゲーム会社に開発途中の次世代PSPを展示しており、ビジネスモデルも決定しているそうです。

ちなみに気になる次世代PSPの登場時期は未定ですが、2011年末になるという予測もあり、ソニーは開発当初、記録メディアにUMDのようなディスクベースのものを採用するつもりであったものの、開発者のフィードバックを受けて、PSP Goのようなフラッシュメモリベースの記録メディアに変更する可能性が最も高いと見込まれています。

・関連記事
ソニー、PSPと携帯電話を合体させた「PSPケータイ」を開発していることを認める - GIGAZINE

ソニー、携帯電話やゲーム機などで利用できる超薄型で高耐久の新型タッチパネルを開発 - GIGAZINE

ソニー幹部、販売不振の「PSP Go」が重要な役割を果たしていることを明らかに - GIGAZINE

発売から苦節3年超、ソニーがPS3本体を売るだけで利益を出せるように - GIGAZINE

in ゲーム, Posted by darkhorse_log