ゲーム

任天堂の新型ゲーム機「ニンテンドー3DS」を高解像度画像やムービーで徹底解説


本日未明にゲーム業界の見本市「E3」で行われた任天堂のプレスカンファレンスで、3Dに対応した新型携帯ゲーム機「ニンテンドー3DS」が発表されましたが、さっそく高解像度写真やムービーを交えた解説をお届けします。

裸眼で3D立体画像に対応しているだけでなく、メタルギアソリッドやバイオハザード、リッジレーサー、スーパーストリートファイターなどの最新作がめじろ押しとなっている「ニンテンドー3DS」ですが、どのようなスペックとなっているのでしょうか。

詳細は以下から。
これが「ニンテンドー3DS」です。上画面は裸眼立体視に対応した800×240の3.53インチ液晶で、下画面はタッチ入力に対応した320×240の3.02インチ液晶。新たに360度のアナログ入力が可能なスライドパッドやモーションセンサー、ジャイロセンサーが採用されています。


閉じたところ。30万画素カメラが2つ搭載されており、3D立体写真を撮影することが可能。


レッド。上画面の上部には30万画素カメラ、右側には立体深度をスムーズに変更できるスライドスイッチ、そして下画面の下部には本体に内蔵される機能を呼び出す「HOMEボタン」が搭載されています。


閉じたところ。


ブラック。


閉じたところ。


なお、ニンテンドー3DSは通信機能が強化されており、スリープ中に他のニンテンドー3DSやWi-Fiアクセスポイントと自動的に通信して同時に複数のゲームの「すれちがい通信」が可能。ちなみにニンテンドー3DSのゲームカードはDSカードと同等で、容量は発売時点では最大2GBとなっています。

Nintendo 3DS Sports 3-D Graphics, 3-D Camera | GameLife | Wired.com

実機の写真はこんな感じ。


裏面。


実際にニンテンドー3DSを触ってみたムービーはこんな感じ。
First Hands-On With Nintendo 3DS Video from GameVideos


任天堂のE3特設サイトは以下から。

任天堂 E3 2010情報

・関連記事
ついに任天堂が「ニンテンドー3DS」をお披露目、その詳細が明らかに - GIGAZINE

任天堂が「E3 2010」でゼルダの伝説などの最新作を発表 - GIGAZINE

ニンテンドー3DSは国産プロセッサ搭載か、PS3やXbox360に近い性能になるという予測も - GIGAZINE

任天堂が「ニンテンドーDS」シリーズを値下げ、DSiは1万5000円に - GIGAZINE

in 動画,   ゲーム, Posted by darkhorse_log