ダンテからヒッチコックまで、有名人のデスマスクいろいろ


デスマスクとは死者の顔の型を取ったもので、17世紀ごろから告別式の時にデスマスクを飾ったり、肖像画を描くための資料にしていたそうです。現在も考古学では発見された頭蓋骨からデスマスクを製作して特徴を確認したりしており、存命中の人のマスク(ライフマスク)を科学的用途のために作ることがあるようです。

というわけで、有名人のデスマスクを集めてみました。

詳細は以下から。
Laurence Hutton Collection of Life and Death Masks

Death Masks of the Famous | Socyberty

フランス革命で皇帝にまで上り詰めたナポレオン・ボナパルト。


叙事詩「神曲」を記したダンテ・アリギエーリ。


イングランド女王、エリザベス1世。


アメリカ合衆国初代大統領、ジョージ・ワシントン。


第16代大統領のエイブラハム・リンカーン。


「楽聖」とも呼ばれる偉大な作曲家、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン。


「戦争と平和」「アンナ・カレーニナ」を著したロシアの小説家、レフ・トルストイ。


「鳥」「サイコ」「バルカン超特急」などの作品を残したサスペンス映画の神様、映画監督のアルフレッド・ヒッチコック。


清教徒革命後にイングランド共和国の指導者となった政治家のオリバー・クロムウェル。


第二次世界大戦で名を馳せたドイツの将軍エルヴィン・ロンメル。最後はヒトラー暗殺未遂事件への関与を疑われ、一切の弁明をせずに服毒自殺を遂げました。


実験物理学者のアーサー・H・コンプトン。「コンプトン効果の発見」によってノーベル物理学賞を受賞しています。


「ファウスト」「若きウェルテルの悩み」のヨハン・ヴォルフガング・フォン・ゲーテは存命中にライフマスクを作っていたようです。


こちらはまた別のゲーテのライフマスク。


そしてゲーテのデスマスク。年齢の違いもあるでしょうが、やはり生きている間と死んだ後ではちょっと顔が変わってしまうようです。

・関連記事
セクシーなものから不可解なものまで、世界の個性的な墓石いろいろ - GIGAZINE

数百万個の鼻輪が奉納されている岡山の「鼻ぐり塚」 - GIGAZINE

英雄たちに捧げられた10の記念碑 - GIGAZINE

イタリアのお墓で行われようとしているユニークな取組み - GIGAZINE

墓の中まで携帯を手放せない人が増えています - GIGAZINE

0

in メモ, Posted by logc_nt