モバイル

Acerがスマートフォンで大攻勢、Androidモデルを含めた4機種を一気に発売か


低価格ミニノート「Aspire One」シリーズや世界で初めてIONプラットフォームを採用した高いグラフィック性能を誇る低価格デスクトップ「Aspire Revo」、そしてCPUにIntelのCore 2 Duoを採用した長時間フル稼働できる薄型超低価格ノート「Aspire Timeline」など、興味深い製品を数多く発表しているAcerがスマートフォンで大攻勢を仕掛けることが明らかになりました。

なんと一気に4機種を発売する予定であるとされており、そのうち1機種はGoogleの携帯電話向けOS「Android」を採用したものになるとのこと。

詳細は以下から。
Acer to launch four smartphones in 2H09, say sources

この記事によると、Acerは2009年9月末から第4四半期にかけて、「A1」「C1/E1」「F1」「L1」と呼ばれる4機種のスマートフォンを発売することを計画しているそうです。

これは生産を請け負う台湾メーカーCompal CommunicationsとInventec Appliancesによって明らかにされたもので、「A1」がAndroidベースであるほか、「C1/E1」「F1」「L1」がWindows Mobileベースになるとのこと。

また、Acerは1GHzのCPUを搭載した「Snapdragon」プラットフォームなどで知られるクアルコムのチップセットとAndroidを採用したスマートフォンの開発に取り組んでいるとされています。

日本でもついにHTC製のAndroidケータイ「HT-03A」が発売されましたが、今後は国内外のメーカーから次々と新モデルが発売されるのでしょうか。非常に気になるところです。

・関連記事
ソニー初の高性能Androidスマートフォン「Rachael」の新たな情報が明らかに - GIGAZINE

まるで翼が生えた携帯電話、画期的なフルキーボードケータイの特許が出願される - GIGAZINE

KDDI、Googleの「Android」を採用したスマートフォンの開発に本腰 - GIGAZINE

一部の携帯電話メーカー、スマートフォンの開発からハイエンド音声端末の開発へシフトか - GIGAZINE

in モバイル,   メモ, Posted by darkhorse_log