「パンケーキの定理」で数学的にパンケーキを焼いてみよう


本日はキリスト教では「Shrove Tuesday」(フランス語圏でいうマルディグラ、アッシュウェンズデーの前の火曜日)にあたり、イギリスやアイルランド、オーストラリアでは通称「Pancake Tuesday」とも呼ばれ、パンケーキを食べる習慣があるそうです。簡単そうでいてなかなか奥が深いのがパンケーキ、どんな形や焼き色、食感に仕上がるかは運任せという人も多いのではないでしょうか。

そこで数学者のRuth Fairclough博士が「完ぺきなパンケーキの公式」を発表しました。その公式とは、

100 - [10L - 7F + C(k - C) + T(m - T)]/(S - E)

これを一体どう適用してパンケーキを焼けばよいのでしょうか?詳細は以下から。The perfect pancake? Easy, just follow this formula ... 100 - [10L - 7F + C(k - C) + T(m - T)]/(S - E) | Mail Online

Ruth Fairclough博士はWolverhampton大学で数学と統計学を教える34歳。2人の娘を持つ母でもあり、娘たちの大好物であるパンケーキをおいしく焼くためにこの公式を導きだしました。

100 - [10L - 7F + C(k - C) + T(m - T)]/(S - E)

この公式においてkとmは定数、L・F・C・T・S・Eは変数で、それぞれがあらわす要素は以下のとおり。

k:パンケーキの生地の理想の粘稠度(ねんちゅうど:非常に粘い液体の変形に抵抗する性質。タネの入ったボウルを傾けたときに流れないほど粘稠度が高い)

m:フライパンの理想の温度

L:生地のダマの数

F:「返し」の成功度

C:生地の粘稠度

T:フライパンの温度

S:焼く前に生地を寝かせた時間

E:焼いてから食べるまでの時間

これらを上の公式にあてはめて、その計算結果が100に近いほどおいしいパンケーキができるとのことです。「正しいフライパンの温度が何よりも重要。油から軽く煙が出始めたら生地を焼き始めるのです」とFairclough博士。生地の粘稠度は次に重要で、ゆるすぎてはパンケーキがまとまらないが、ダマがあってもいけないとのことです。焼く前に生地を20分寝かせること、熱々のうちに食べることも重要だそうです。

・関連記事
ホットケーキで作ったアートいろいろ - GIGAZINE

文章による説明が一切無いパンケーキのレシピ - GIGAZINE

生地にマヨネーズを加えたホットケーキはふんわりサクサクでした - GIGAZINE

美味いお好み焼きが食べたい!ということで「お好み焼 ゆかり」の曾根崎本店に行ってきました - GIGAZINE

in ,   メモ, Posted by darkhorse_log