ソフトウェア

マイクロソフト、Windows XP SP3の公開を延期


先日GIGAZINEでマイクロソフトが現地時間の4月29日からWindows XP SP3を公開することをお伝えしましたが、公開が延期されることが発表されました。

公開延期の理由として「互換性の問題」が挙げられています。

詳細は以下から。
Windows XP Service Pack 3 Release to Web (RTW) Delayed - TechNet Forums

この記事によると、4月29日から公開される予定だったWindows XP SP3は、先ごろ公開されたWindows Vista SP1と同様に、小売店向けソフト「Microsoft Dynamics Retail Management System(RMS)」との間で互換性の問題が発生しているため、公開が延期されることになったそうです。

そしてWindows XP SP3ならびにWindows Vista SP1がMicrosoft Dynamics RMSをインストールしているユーザーに対してダウンロードされないように、Windows Updateにフィルタリングをかけるつもりであるとのこと。そしてフィルタリングの設定を済ませた上で、公開を行うとしています。

・関連記事
Windows XP SP3 RC1をMicrosoftからダウンロードして適用する方法 - GIGAZINE

マイクロソフト、新OS「Windows 7」は2010年に登場するとコメント - GIGAZINE

Windows Vista Service Pack 1が本日から配布開始 - GIGAZINE

「IE8」のベータ版は2008年前半に登場予定、一般ユーザーもダウンロード可能に - GIGAZINE

in ソフトウェア,   メモ, Posted by darkhorse_log