250以上の新機能が追加された「Android 7.0 Nougat」正式版がリリース、最新OSをすぐに使える端末はコレ

By iphonedigital

「Android N」の名前で開発が進められていたAndroid OSの次期バージョンは、現地時間で2016年6月30日に「Android 7.0 Nougat」に名称が決定、さらに8月22日に正式版のリリースも発表されました。

Taking the final wrapper off of Android 7.0 Nougat | Android Developers Blog
http://android-developers.blogspot.jp/2016/08/taking-final-wrapper-off-of-nougat.html

Android – Nougat
https://www.android.com/versions/nougat-7-0/

Android 7.0 Nougat review: great, but does it matter? | The Verge
http://www.theverge.com/2016/8/22/12578946/android-7-nougat-review-nexus

Googleが2016年3月に開発者向けプレビュー版を公開した「Android N」が、「Android 7.0 Nougat」としてついに正式リリースを迎えました。それに伴い、「Android Open Source Project」に従い、Android 7.0 Nougatのソースコードを公開しています。

まず初めに最新版のAndroid 7.0 Nougatが提供されるのは、Android純正の端末であるNexusシリーズのNexus 6/5X/6P/9、さらにAndroid TV搭載のメディアプレイヤーNexus Playerや、Googleの新型タブレットPixel C、新興国市場向けに開発された激安スマートフォンAndroid OneのひとつであるGeneral Mobile 4Gの全部で7端末。これらに加えてAndroid Beta Programに登録している端末にもOTAアップデートが行われることになります。


Android 7.0 Nougatにはなんと250以上の新機能が搭載されているそうですが、これまでのOSと比べてどういった点がパワーアップするのかについては、開発者向けイベント「Google I/O 2016」の中で説明していました。

Android 7.0 Nougatの3大テーマは「性能」「セキュリティ」「生産性」で、性能面としては3DグラフィックスAPIのVulkanへの対応や、新しいJITコンパイラの導入によりアプリのインストールが従来より75%高速化などが果たされます。また、セキュリティ面としては「ファイルベースの暗号化」「メディアフレームワークの安全性確保」「シームレスアップデート」などが行われ、よりセキュアに端末を使用可能に。生産性面では、タスク切替えアイコンを2度タップすることでひとつ前に使用していたアプリに瞬時に移動できるようになったりマルチウインドウに対応したり通知画面を改良したりと新しい機能が追加されています。

「Android N」は一体どれぐらいパワーアップしたのかまとめ、3大テーマは「性能」「セキュリティ」「生産性」 - GIGAZINE


マルチウインドウ機能といえばSamsungのGalaxyシリーズなどで既に提供されていた機能ですが、これがすべてのAndroid端末で使用可能になります。5インチサイズなどのスマートフォンではあまり恩恵を感じられないかも知れませんが、タブレット端末などでは大画面をフル活用した作業が可能になりそうです。


通知画面もよりスリムに進化しています。


この通知画面からメールの返信を行うことも可能になります。


他にも、Androidのバッテリーセーブ機能である「Doze」が進化し、スマートフォンを使用していない場合に消費電力モードをオンにすることでバッテリー消費を抑えられるようになっています。


さらに、Unicode 9の絵文字をサポート。新しい絵文字は72種類追加されており、全部で1500以上の絵文字を使用可能になります。


これらに加え、Android 7.0 NougatはGoogleのVR向けプラットフォーム「Daydream」をサポートします。DaydreamでどんなVR体験が可能になるのかは以下の記事を見ればわかります。

スマホでのVR体験を極上にするGoogleの「Daydream」とは?そしてVR対応スマホも - GIGAZINE


今後数週間以内に該当端末に対してAndroid 7.0 Nougatが配信されるとみられますが、その他の端末に関してはメーカーやキャリアの対応が待たれる状況です。ひとつ前のメジャーバージョンであるAndroid 6.0 Marshmallowの使用率は8月1日の時点でAndroid全体の15%に過ぎず、リリースから10か月が経過した現在もAndroid 4.4 KitKatよりも使用率が低いまま。これと同じようにAndroid 7.0 Nougatの普及にもかなりの時間がかかると予想されますが、Nexusシリーズ以外の端末での少しでも早い配信が待たれます。

なお、Android 7.0 Nougatがプリインストールされた最初の端末になるのは2016年9月発売とされるLG V20になるとのことです。

・関連記事
次期OS「Android N」の開発者プレビュー版公開、「マルチウィンドウ機能」や進化した「通知」はこんな感じ - GIGAZINE

最新モバイルOS「Android N」で登場する知られざる6つの要注目新機能 - GIGAZINE

「Android N Developer Preview 2」で変わった点まとめ、絵文字はより人間らしく&ランチャーショートカットなど - GIGAZINE

「Android N」は一体どれぐらいパワーアップしたのかまとめ、3大テーマは「性能」「セキュリティ」「生産性」 - GIGAZINE

次期OS「Android N」はついにベータ版に到達、新しい機能・特長をムービーで解説 - GIGAZINE

Android Nの最終ベータ版「Developer Preview 4」公開、いよいよ製品版リリースが近づく - GIGAZINE

Googleの次期OS「Android N」のコードネームがついに決定 - GIGAZINE

206

in モバイル,  ソフトウェア, Posted by logu_ii