ムービー

「秘密結社鷹の爪」のFROGMANが宮崎駿監督の引退に便乗して会見するムービー


9月6日にスタジオジブリの宮崎駿監督が引退記者会見を行いましたが、これにならって……というか便乗して、「秘密結社鷹の爪」シリーズの作者として知られるFROGMANが“引退会見”をするというムービーがDLEから届きました。

FROGMANが急遽引退会見を実施 - YouTube


「秘密結社鷹の爪」でおなじみの町並み……


外から急いで帰ってきたらしい吉田くんが総統にテレビをつけるようせかしています。この世界でも、9月6日に引退記者会見が行われるようなのですが……


行われていたのは“アニメ界の島根県”フロッグマン監督(42)の引退会見でした。「鷹の爪の作者、FROGMANです。ひとまろ~!」とノリノリ。なお、「ひとまろ」とは島根の方言でナマステという意味だそうです。


引退会見をする理由について「もうおわかりだよね。便乗~!」と、ストレートに言い切るフロッグマン。あまりのことにテレビを見ている鷹の爪団はノーリアクション。


そういえば、来週の金曜日9月13日にはもう「鷹の爪GO~美しきエリエール消臭プラス~」が公開されますが……


「注目度も、監督としての技量も、何もかも完敗なワケですよ」と自虐的な発言を繰り返すフロッグマン


しかも、公開日が「ウルヴァリン:SAMURAI」と被っていて、また勝ち目がなさそうだと落ち込むことに。


一方で、映画化を祝して鷹の爪シュシュをはじめ、すでにグッズは発注済み。なんとかしなければ在庫の山になってしまいます。


「もう、なりふり構わずですよ」ということで来場者特典として次回作のDVDを配布することも決定。


「わけわかんないと思いますが、こっちもわけわかんないよ!」


「引退会見じゃないじゃないか」と突っ込む吉田くんに対して、総統はフロッグマンに同情。


「鷹の爪みたいな低予算のギャグアニメは世間から馬鹿にされ、軽んじられ、誰も取り上げてくれない。じゃが、作品に込めた情熱は、どんな作品でも変わらないものじゃよ……」


その言葉に、吉田くんもフロッグマンを応援する気持ちがわいてきたようです。


2人の思いを知ってか知らずか「ひとまろ~!」と叫ぶフロッグマン。まだまだ引退するには若いので、頑張ってもらわなければ……。

・関連記事
映画「鷹の爪GO」で来場者特典として次回作のDVDを配布 - GIGAZINE

「ウルヴァリン:SAMURAI」への熱い思いを小津作品好きのマンゴールド監督に聞いてきた - GIGAZINE

in 動画,   アニメ, Posted by logc_nt