ハードウェア

寿命はHDDの6倍、高速転送と高い耐久性を備えたSSD「SANDISK G3」がいよいよ発売へ


2009年1月に正式発表されて以来、発売についてのアナウンスが一切行われてこなかったサンディスクのSSD「SANDISK G3」シリーズがついに発売されることが明らかになりました。

SSDならではの高速転送に加えて、HDDの6倍という高い製品寿命を実現することで買い替えコストを削減することができるほか、10年間の製品保証まで付いているとんでもないSSDですが、北米などでようやく出荷が開始されたそうです。

詳細は以下から。
SANDISK G3 SOLID STATE DRIVE SHIPS TO RETAILERS

このリリースによると、サンディスクは北米およびヨーロッパ市場向けに同社の2.5インチSSD「SANDISK G3」シリーズの出荷を開始したそうです。価格は60GBモデルが229.99ドル(約2万750円)で、120GBモデルが399.99ドル(約3万6100円)。

これが「SANDISK G3」です。


G3シリーズはサンディスクが生み出したSSDの高速化・長寿命化技術「ExtremeFFS」を採用することで、一般的なHDDの6倍にあたる長寿命を実現しており、120GBモデルの場合、80TB(80000GB)のデータの読み書きに耐えるとされているほか、振動やショックに対しても高い耐性を実現しているとのこと。

なお、気になる転送速度ですが、転送にはシリアルATAインターフェースを採用しており、7200回転モデルのHDDのおよそ2倍にあたる毎秒最大220MBの読み込み速度と毎秒最大120MBの書き込み速度を実現しています。

昨年発表された当時にはシリアルATAモデルだけでなく、古いパソコンなどで採用されているパラレルATAモデルが登場するという話でしたが、どうやらシリアルATAに一本化されてしまった模様。現時点では北米・ヨーロッパ向けのみの出荷ですが、日本でもいずれ出荷が始まるはず。期待して待ちたいところです。

・関連記事
世界シェアNo.1のサンディスクに今後のフラッシュメモリ製品や販売戦略についてインタビューしてみました - GIGAZINE

サンディスク、最大64GBの記録容量を実現したスマートフォン用メモリを開発 - GIGAZINE

安価なフラッシュメモリで高速なハイエンドSSDを作る技術が登場 - GIGAZINE

USBメモリを圧倒する転送速度、「eSATAフラッシュメモリ」の実力とは? - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by darkhorse_log