ついにP2Pソフトなどを使ったファイルのダウンロードの違法化決定


以前GIGAZINEでP2Pソフトなどを使ったファイルのダウンロードが違法となるかもしれないことをお伝えしましたが、ついに本日正式に決定したようです。

P2Pソフトはともかく、ストリーミングではなく「ダウンロード」という形を取っているYouTubeやニコニコ動画などに関してはどうなるのかといったところが気になりますが、はたしていったいどのような内容となったのでしょうか。

詳細は以下の通り。
Twitter / tsuda

インターネット利用者の利益代表として知的財産権や「準児童ポルノ」に関する問題提起を行っている「インターネット先進ユーザーの会(MIAU)」を立ち上げるなどしたジャーナリストの津田大介氏のページによると、本日行われた著作権法の改正案を議論する「私的録音録画小委員会」にてダウンロードの違法化が決定したそうです。

これは録音(音楽)と録画(動画)に限定して違法化するというもので、違法かどうかの判断は「情を知って」という条件が付くとのこと。また、刑事罰は無いとしています。

今回の違法化はあくまでダウンロードが対象となっており、YouTubeやニコニコ動画といった動画共有サイトからのストリーミングについては対象外とされています。

ちなみにiPodなどの製品に「私的録音録画補償金」を課金するという案については、家電メーカーが猛反発したために頓挫したとのことで、この著作権法改正案は来年の通常国会で可決される見通しのようです。

・関連記事
著作権の非親告罪化やP2Pによる共有の違法化は誰が言い始めたのか? - GIGAZINE

任天堂の著作権を侵害するとこのような「警告書」が送られてくるらしい - GIGAZINE

ついに複数のゲーム会社が違法ダウンロードユーザー2万5000人に対して法的措置へ - GIGAZINE

アニメを録画されると利益が減るから「私的録画補償金が必要」と日本映像ソフト協会がめちゃくちゃな意見を表明 - GIGAZINE

警察庁も参加する「ファイル共有ソフトを悪用した著作権侵害対策協議会」をJASRACが設立 - GIGAZINE

ネット上の違法な音楽や映像を自動で1日あたり数千件から数万件を見つけ出す「ロバストメディア探索技術」 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log