ソフトウェア

「iOS 18」が登場、アプリアイコンを自由に配置したり好みのカラーにカスタマイズしたりが可能なより自由度の高いOSに


2024年6月11日2時からAppleが開催している年次開発者会議「WWDC24」の基調講演で、iPhone向けのOSである「iOS」の次期メジャーバージョンとなる「iOS 18」が発表されました。

Appleのイベント - Apple(日本)
https://www.apple.com/jp/apple-events/

iOS 18でiPhoneがかつてないほどパーソナルで、有能で、賢く - Apple (日本)
https://www.apple.com/jp/newsroom/2024/06/ios-18-makes-iphone-more-personal-capable-and-intelligent-than-ever/

WWDC 2024 — June 10 | Apple - YouTube


iOS 18のアップデート内容について、まずはホーム画面から。


アプリやウィジェットを好きな位置に配置できるようになることで、ホーム画面の壁紙がより見やすくなるとのこと。


例えば、愛犬の壁紙を使っていても、これまでは自動でアプリアイコンの位置が詰められたため、愛犬の顔が覆い尽くされていました。iOS 18からは上下にアプリアイコンを分けて配置できるので、愛犬の写真をちゃんと表示できます。


また、表示をダークモードにすると、アプリアイコンもダークモードに合わせた色に変更されます。


さらに、アプリアイコンの色をカスタマイズで変更できるようになります。


自分で自由に色を設定できるほか、iOS側が壁紙と相性のいい色合いを提案してくれるとのこと。


次に、コントロールセンターも刷新。


右上から下にスワイプすると、すべてのコントロールが一箇所にまとめられたコントロールセンターが表示されます。


コントロールの追加はオプションから選ぶことが可能。


新しいControls APIの登場によって、コントロールセンターにサードパーティー製アプリも追加できるようになるそうです。


また、iPhone 15 Pro/Pro Maxのアクションボタンに追加できるコントロールも自由度が増します。


そして、アプリの起動にロックをかけて、Face ID・Touch ID・パスコードによる認証を設定できます。


また、アプリを使っていることを誰にも見られたくない場合、アプリをロックされた非表示アプリフォルダに追加することで非表示にすることができます。


さらに、アプリがアクセスできる連絡先をユーザー自身が決められるようになるとのこと。


BluetoothやWi-Fiを経由したアクセサリのペアリングも、ユーザーに決定権が与えられます。


次にメッセージアプリについて。


メッセージに絵文字で反応するTapback機能が強化され、あらゆる絵文字やステッカーが使えるようになるとのこと。


メッセージの送信予約ができる「あとで送信」機能が追加されます。


テキストでの表現方法も増えて、太字やイタリック、アンダーライン、打ち消し線などが使えるように。


さらに「テキストエフェクト」を使うことでメッセージを視覚的に強調することが可能になります。


テキストエフェクトはiOS側から自動的に提案が表示されるとのこと。


さらに、iPhone 14以降に搭載されている衛星通信機能を使って、衛星経由でメッセージを送信できるようになります。


メッセージアプリからネットワークなしで、iMessageユーザー以外にもメッセージを送信でき、衛星通信経由で送信したメッセージはエンドツーエンドで暗号化されます。


メールアプリには、オンデバイスでカテゴリー分け機能が追加されるとのこと。


ダイジェスト表示にも対応。


カテゴリーの変更は数回のタップでOK。


すべてのメールを一カ所で見ることもできます。


Appleマップはさらに改良され、iPhoneにオフラインで保存でき、音声案内やハイキングのルートの作成も可能。


そして、iOS 18に、iPhone同士で金銭のやり取りができる「Tap to Cash」が追加されます。電話番号やメールアドレスを共有せず、iPhoneにiPhoneをかざすだけで簡単に金銭のやり取りが可能。


イベントのチケットはデザインが一新されます。


日記を付けることができる「ジャーナル」は、記録日数や統計情報をチェック可能になり、過去のエントリーも検索機能ですばやく探せるようになります。


iPhoneにはゲームモードが追加されます。ゲームモードは最高のフレームレートを維持するために、バックグラウンド処理を最小限にするモードです。


「写真」アプリは史上最大のデザイン変更が行われるとのこと。


新しい「写真」アプリでは、画面上部に写真のグリッドが、画面下部にテーマ別のライブラリが表示されます。写真のグリッドは写真を一覧することができ、ライブラリは特定のジャンルに絞って写真を探し出すのに便利な機能になっています。


Appleは、このテーマ別のライブラリを「コレクション」と呼んでいます。コレクションはピン留めが可能で、お気に入りのコレクションは常に表示させておくこともできます。


また、スライドショーのように自動再生してくれる機能もあります。


そして、AppleはiOS 18からついにRCSメッセージに対応することを発表しました。これで、Android端末とSMS以外でメッセージのやり取りができ、160文字以上のテキストや高解像度の写真、既読通知を送受信できるようになります。


◆フォーラム開設中
本記事に関連するフォーラムをGIGAZINE公式Discordサーバーに設置しました。誰でも自由に書き込めるので、どしどしコメントしてください!Discordアカウントを持っていない場合は、アカウント作成手順解説記事を参考にアカウントを作成してみてください!

• Discord | "iOS 18の「アプリアイコンの配置や色を変える機能」便利だと思う?使ってみたい?使わない?" | GIGAZINE(ギガジン)
https://discord.com/channels/1037961069903216680/1250010845493334048

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AppleがiPhoneやMacに導入するかもしれないAIシステム「Apple Intelligence」などWWDC2024で期待される内容まとめ - GIGAZINE

AppleとOpenAIの契約が最終調整へ、iOS 18にChatGPTを搭載するとみられる - GIGAZINE

AppleがiOS 18でSiriを刷新しAIによるリアルタイム文字起こしと要約機能を追加するとの報道 - GIGAZINE

Appleが間もなくAI生成の絵文字やOpenAIとの提携を発表するとの報道 - GIGAZINE

AppleはAIアプリのデータをブラックボックスのクラウドで処理してApple社員すらデータにアクセスできないようにする予定 - GIGAZINE

AppleはiOSとmacOSで設定アプリやコントロールセンターの刷新を計画している - GIGAZINE

iOS 18ではFace ID・Touch ID・パスコードを使って純正iPhoneアプリをロックできるようになる予定との報道 - GIGAZINE

AppleがiOS 18でApple純正のパスワードアプリをリリースか、Windowsでも利用可能になるとの報道 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   動画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.