セキュリティ

セキュリティ専門家の40%以上が「2030年までにAIに仕事を奪われる」と予想している


ウイルスバスター」シリーズで知られるセキュリティ企業のTrend Microの調査によって、「サイバーセキュリティ分野のリーダーの40%以上が『2030年までにAIが自分の仕事を奪うだろう』と回答した」ことが明らかになりました。

AI likely to replace humans in cybersecurity space by 2030 - cnbctv18.com
https://www.cnbctv18.com/technology/ai-likely-to-replace-humans-in-cybersecurity-space-by-2030-8031221.htm

AI set to replace humans in cybersecurity by 2030, says Trend Micro | ZDNet
https://www.zdnet.com/article/ai-set-to-replace-humans-in-cybersecurity-by-2030-says-trend-micro/

報道によると、Trend Microが実施した調査は、サイバーセキュリティ分野のディレクターや管理者、最高情報責任者(CIO)、最高技術責任者(CTO)などの上級社員500人に対して、「サイバーセキュリティ分野の未来」を尋ねるというもの。調査の結果、「今後10年以内にAIに仕事を奪われることはあり得ますか?」という質問に対し、41%が「奪われると信じている」と回答し、「AIに仕事を奪われることは絶対に起こりえない」と答えたのはわずか9%でした。


さらに、「10年以内にAIがすべてのサイバーセキュリティを完全自動化する」と答えた上級社員は32%で、「10年以内にデータアクセスが生体認証データないしはDNAデータに紐付けられ、不正アクセスが不可能になる」と回答したのは24%だったとのこと。5年以内に(2025年までに)というくくりでは、22%が「リモートワークが普及することで、企業の不動産投資が大幅に減少する」、21%が「5Gがネットワークとセキュリティインフラを完全に変革する」、19%が「AIを活用したサイバー攻撃が一般的になる」、15%が「AIによってセキュリティが自動化される」と回答しました。

また、Trend Microは「2021年セキュリティ脅威予測」というレポートも公開しています。このレポートの中でTrend Microはリモートワークの拡大によってサイバー攻撃がテレワークを狙ったものにシフトしていると指摘し、「社内ネットワークをファイヤウォールで守る」という旧来のパラダイムが時代遅れになり、広範囲のセキュリティ対策が必要になっていると解説しています。


なお、Trend Microのレポートの全文は、個人情報取扱のポリシーに同意してメールアドレスなどを入力することで無料ダウンロードすることができます。

2021年セキュリティ脅威予測 | トレンドマイクロ
https://resources.trendmicro.com/jp-docdownload-form-m298-web-prediction2021.html

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
高度に発達したAIを人間が制御することは可能なのか? - GIGAZINE

AIの専門家が「今からAIの暴走を心配するのは早すぎ」との楽観論に徹底反論 - GIGAZINE

人工知能は核兵器よりも潜在的に危険、ホーキング博士が「100年以内に人工知能は人間を超える」と警告 - GIGAZINE

Googleのエンジニアが人間がコーディングを行うよりも高速で自己進化するAI「AutoML-Zero」を発表 - GIGAZINE

in セキュリティ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.