乗り物

「Waymo」の自動運転車に60回以上乗って分かったその安全性とは?


Alphabet傘下の自動運転車開発企業・Waymoが、2020年10月から一部地域で完全無人タクシー「Waymo One」の正式サービスを開始しました。そんなWaymo Oneに60回以上搭乗した結果から分かったWaymoの自動運転技術の安全性や乗り心地を、YouTuberのジョエル・ジョンソン氏とIT系ニュースサイトArs Technicaがまとめています。

This Arizona college student has taken over 60 driverless Waymo rides | Ars Technica
https://arstechnica.com/cars/2020/12/this-arizona-college-student-has-taken-over-60-driverless-waymo-rides/


Waymoは2020年10月に、自動運転タクシーサービス「Waymo One」をアリゾナ州フェニックスで開始しました。試験運用段階のWaymo Oneは安全のため運転手が同乗していましたが、10月からは運転手がいない「完全無人」のサービスが展開されます。

これに飛びついたのが、アリゾナ州立大学の学生であるジョンソン氏です。自身のYouTubeチャンネル・JJRicks Studiosでムービーを公開するYouTuberでもあるジョンソン氏は、Waymoの無人タクシーサービスを60回以上利用し、その様子を12本のムービーとしてYouTubeに投稿しました。

そんなジョンソン氏による無人タクシーのレビューを取り上げたArs Technicaは、「Waymoの自動運転車に搭乗しているムービーで最も印象的な点は、いい意味で退屈だということです。合計で5時間近くもあるドライビングのムービーの中で、Waymoの車が重大なミスをしている様子は1度も見られませんでした」とコメントしました。


退屈さを感じるほど危なげない自動運転技術を見せつけたWaymoとは対照的だとArs Technicaが主張しているのが、テスラの完全自動運転(FSD)です。実際に2020年10月にリリースされたFSDのベータ版を搭載した車両にArs Technicaの記者が3時間ほど試乗したところ、衝突寸前までいったケース2件を含めて合計12回も、人間のドライバーによるハンドル操作が必要になったとのことです。

著名な消費者情報誌「コンシューマー・レポート」は2020年9月に、「テスラのFSDは名ばかりで80万円超の価値ナシ」とのレポートを発表しています。

「テスラの完全自動運転は名ばかり」で80万円超の価値ナシとコンシューマー・レポートが評価 - GIGAZINE


Waymoの自動運転車を利用したジョンソン氏は、その乗り心地について「私がプライベートでWaymoに乗せた人は、みんなWaymoを信頼しました。車の動きはとてもスムーズなので、誰もコンピューターしか運転手がいないことに気付きませんでした」と話しています。特に、Waymoの自動運転車は加速やブレーキングが非常にスムーズとのことです。

一方、Waymoには「慎重すぎて歩行者が多いと動けなくなる」という欠点も残っています。以下のムービーを再生すると、実際にジョンソン氏がスーパーの駐車場にWaymoの車を呼び出した際の様子を見ることができます。

Waymo Self Driving Car v.s. Parking Lot Insanity + a Hard Lane Merge | JJRicks Rides With Waymo #15 - YouTube


Waymoの自動運転タクシーがスーパーの駐車場に入ってきました。運転席を見ると、人間の運転手は乗っていないことが分かります。


カメラを持ったジョンソン氏が後部座席に乗車。


車の前を、スーパーの買い物客が行き来します。その間、車は3分半ほど動きませんでした。


人の往来が途切れてからようやく車が発進しました。


Ars Technicaはこの点について、「歩行者がいる場面では、Waymoは慎重すぎます。人間のドライバーであれば、間違いなくもっと速く動けるでしょう。しかし、このことでWaymoを責めるのは困難です。人をはねる危険を冒すくらいなら、多少待たされた方がはるかにマシですから」とコメントしました。

Waymoはこれまで、フェニックスで合計610万マイル(約1000万km)の試験走行を実施しており、その中で車対車の衝突事故を18件起こしました。一連の試験走行では安全対策の運転手が同乗しており、Waymoは「もし運転手がいなければさらに29件の衝突事故が起きていた」と(PDFファイル)試算しています。

この安全調査の結果について、Ars Technicは「現実に起きたものとシミュレーションで合計47件報告されている事故のうち、3分の1は追突事故でした。また、エアバッグが必要になる重大な事故は3件しかありません。まとめると、Waymoは1000万km近い運転の中で、衝突事故をほとんど起こさず、生命を危険にさらす衝突は皆無であり、発生した事故も、ほとんどは他の車の運転手の責任でした。この結果を踏まえると、『Waymoの自動運転技術はほとんどの状況で平均的な人間のドライバーよりも安全に運転可能』と主張されているのも納得ができます」と述べています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
過去最大級の膨大な自動運転データセットを無償でWaymoが公開 - GIGAZINE

Waymoが自動運転タクシー運行の許可を得てカリフォルニア州で運用開始へ - GIGAZINE

Waymo(元Google)が自動運転車搭載のLIDARセンサーを他分野に向けて販売開始 - GIGAZINE

自動運転車に乗れる配車サービス「Waymo One」が24時間体制でサービスをスタート - GIGAZINE

Waymo(元Google)が運転手ナシの完全自動運転車のテストをカリフォルニア州で開始 - GIGAZINE

世界でただ1人、Waymoの自動運転車に乗っている女子高生がいる - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.