バーガーキングが「カビまみれのワッパー」をアピール


バーガーキングが「ワッパーがカビまみれになる」というコマーシャルを発表しました。

Burger King | The Moldy Whopper - YouTube


Burger King thinks moldy Whoppers will get you to buy more burgers - CNN
https://edition.cnn.com/2020/02/19/business/burger-king-mold/index.html

問題のコマーシャルムービーは、台座にバンズ・パティ・ピクルス・オニオン・トマト・レタスといったワッパーの具材が次々と積まれるところからスタート。


具材を全て積み上げたら、ピンセットやはさみで見た目を整えて……


おいしそうなワッパーが完成。


今回のコマーシャルは、このワッパーを放置するというもの。公開されているムービーでは、放置されたワッパーの様子を早送りで見ることができます。実験開始時にはおいしそうな見た目をしていたワッパーも……


みるみるうちにレタスがしおれ、パティもペチャンコに。


ムービーの中で17秒頃には、パティから白いカビが生えてきました。


あっという間に白カビだらけに。なお、BGMはグラミー賞で殿堂入りも果たしたダイナ・ワシントンの「What a Difference A Day Makes


具材を拡大するとこんな感じ。


白いカビに加えて、青カビも繁殖し始めました。バンズは乾燥しきっておりパサパサ。パティはカビまみれでもはや肉なのかすら判別不可能な状態です。


実験終了時の34日目にはこんな状態。ワッパーというよりも、「カビの生えた何か」という見た目。


ムービーの最後には、「人工の保存料を使わないという美しさ」の文字が現れました。今回のワッパーにカビが生えるコマーシャルは、バーガーキングのワッパーには保存料が使われていないというアピールが目的です。


マーケティング会社YouGovが2019年9月に発表した調査によると、近年アメリカ人は食品添加物と成長ホルモンなどの「食品の安全性」に強い関心を持つようになっており、ミレニアル世代の51%、ミレニアル世代の親世代の57%が、5年前よりも多くのオーガニック製品を買っているとのこと。マーケティング企業のニールセンも「自然で環境に優しい製品により高い価格を支払う」という消費者の傾向について2018年に報告しています。

ヨーロッパにあるほとんどのバーガーキングは、健康的でオーガニックな食材に切り替えるため、食品添加物を廃止しているとのこと。バーガーキングのインターナショナルマーケティング部門のFernando Machado氏は、「『本物の食べ物こそ美味しい』と信じています。それゆえ、世界中全ての国で、我が社が提供する食品から人工的な防腐剤・着色料・添加剤を取り除こうと懸命に努力しています」とコメントしました。

CNNによると、マクドナルドは2016年に抗生物質不使用の鶏肉を使用し始めており、2018年からは一部のハンバーガーに防腐剤を使用していないとのこと。一方、ウエンディーズはCNNの問い合わせに対して回答しませんでした。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
バーガーキングがAIにCMを作らせたらとんでもないデキになった - GIGAZINE

バーガーキングが「100%植物由来の人工肉」を使用したバーガー「Impossible Whopper」の試験販売をアメリカで開始 - GIGAZINE

「ネット中立性」問題を考えてもらうためバーガーキングが「ワッパーの中立性」を廃止する試みを実施 - GIGAZINE

いじめに対する意識向上のためバーガーキングが「店員がワッパーを潰して提供」する試みを実施 - GIGAZINE

バーガーキングがTVのCMをトリガーにGoogle Assistantにワッパーの説明をさせるもGoogle激怒で即トリガー無効に - GIGAZINE

in 動画,   , Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.