ハードウェア

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2019年版、故障率が最も高かったのは?


クラウドストレージサービスを提供するBackblazeが、自社のデータセンターで使用しているHDDの故障率をまとめたデータの2019年版を公開しました。12万台を超えるHDDのデータがメーカーおよびデータ容量別に整理されており、どのモデルの故障率が高い傾向にあるのかがよくわかります。

2019 Hard Drive Reliability: Failure Rates Continue to Rise
https://www.backblaze.com/blog/hard-drive-stats-for-2019/

2019年末にBackblazeのデータ用ストレージとして稼働していたHDDは12万2658台。そこからテスト目的で使われていたHDDや、稼働日数の総計が5000日未満で、統計的に有意な台数とは言えないモデルを除いた12万2507台のHDDからデータを収集した結果は以下の通りです。全HDDの2019年における年間故障率(AFR)は平均1.89%と、2018年の1.25%から0.74ポイント悪化。2019年に故障が一度もなかった4TBのHDDは、稼働台数が99台と少ない東芝製のモデル(MD04ABA400V)のみでした。


2018年から2019年にかけて年間故障率が悪化した主な要因は2つあるとのこと。1つ目はSeagate製の8TBモデルがライフサイクルの中盤にさしかかり、年間故障率が悪化し始めた点です。年間故障率自体は懸念するほどの高さではありませんが、全体のHDD台数に占める割合が高いため、年間故障率の平均を押し上げる結果になりました。2つ目は稼働台数が3万台以上と多いSeagate製の12TBモデルの年間故障率が通常よりも高い点。この原因については現在調査中であり、Seagateと協力して解決していくとのこと。


Backblazeでは2019年に8800台のHDDをすべて12TBモデルに換装するなど、大容量化を図った結果、総容量は2018年から181PB(18万1000TB)増加させることに成功。使用するHDDのメーカーの多様性も改善しており、2018年には78.15%を占めたSeagate製モデルは73.28%に、HGST製モデルは20.77%から23.69%に、東芝製は1.34%から3.03%と、Seagateへの偏重が改善しています。

最後に、2019年末時点においてBackblazeで運用されていたすべてのモデルについて、2013年の稼働開始から2019年末までの故障率を総計したデータは以下。HGST製モデルはすべて故障率1%を切っており、驚異的な信頼性を誇っています。稼働台数は少ないものの、東芝製のモデルも低い故障率で推移しています。


Backblazeでは2013年から毎年自社で運用するHDDのデータを公開しており、下記から各年のデータを参照することができます。

Backblaze Hard Drive Stats
https://www.backblaze.com/b2/hard-drive-test-data.html

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2018年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

約10万台のHDD故障率レポート2018年Q3版公開、大容量モデルの信頼性の高さが明らかに - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2017年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2016年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

8万台以上のHDDを運用するBackblazeがHDD故障率の2017Q1レポートを発表、大量導入した高価なエンタープライズ向けの故障率は? - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.