メモ

不幸な結婚生活を送らないためにはどうすればいいのか?

by Emma Bauso

結婚した当初はほとんどの人がこの幸せが永遠に続くと考えがちですが、多くのカップルは結婚生活の中でさまざまな障害にぶつかります。うまく障害を乗り越えられなかった場合、やがて結婚相手との関係がギクシャクし始め、最終的に結婚生活が崩壊してしまうこともあります。「不幸な結婚生活を避けるためにはどうすればいいのか?」という問題に対する回答を、作家・ライターのパトリック・ピーターソン氏が解説しています。

5 Strong Steps to Prevent Unhappy Marriage
https://www.quickanddirtytips.com/relationships/romance/5-strong-steps-to-prevent-unhappy-marriage

ピーターソン氏によると、結婚生活が失敗するにはいくつかの理由があるとのこと。しばしばカップルを悩ませるのが、「思っていたのとは違った」という感情や、パートナーや自身のうつ病、お互いに関する誤解、裏切りなど。それぞれのカップルがどのような結婚生活を送っているのかによってぶつかる障害は違いますが、ピーターソン氏は「カップルの2人ともが結婚生活を改善したいと考えている限り、これらの摩擦は防止できます」と述べています。

by rawpixel.com

ピーターソン氏が提唱する「不幸な結婚生活を防ぐ方法」が以下。

◆1:結婚相手のことをよく知る
アメリカの偉大な政治家・科学者であるベンジャミン・フランクリンは、「1オンスの予防は1ポンドの治療に値する」という言葉を残しました。この言葉を引用して、ピーターソン氏は幸福な結婚生活を送るため、人生を共に歩む結婚相手のことを事前によく知るのは重要だと主張しています。婚姻届に名前を書き入れる前に、まずは相手の経歴についてちょっとした調査を行うべきであり、この程度のことは相手への裏切りにならないとのこと。

by Caio Resende

◆2:エゴを捨てる
「常に正しさが最重要であり、あらゆる議論には正論を持って勝たなければならない」という考えはエゴであり、結婚生活にとって害をなすものです。愛する人を正論や議論によって支配することは後悔や憤り、罪悪感につながってしまい、エゴ同士の衝突は両者に深い傷跡を残すとピーターソン氏は指摘。結婚生活においては「常に正しいこと」を最優先する必要はなく、「お互いの幸せを維持すること」を重視するべきだそうです。

by Vera Arsic

◆3:積極的にコミュニケーションを取る
自分自身の気持ちをパートナーに打ち明け、共有することは幸せな結婚生活にとって重要なステップだとピーターソン氏は主張。何も言わなくてもパートナーが自分の気持ちを理解してくれる、あるいは理解すべきだと考えるのはフェアではなく、お互いが責任を持って考えを共有するべきだとのこと。コミュニケーションを取らなければ、パートナーがどれほどの問題意識を抱え込んでいるのかわかるはずがありません。

また、結婚生活におけるコミュニケーションで重要な点は、「自分は相手に何をして欲しいのか」という要求をハッキリと伝える点です。たとえば「子育てをもっと手伝って欲しい」という訴えや、「もっと2人の時間を大切にしたい」といったニーズを明確に表現することで、パートナーとの間に誤解が生まれるのを避けることができます。

by Jopwell

◆4:負の感情に支配された行動をしない
否定的な感情は結婚生活を不幸に導く大きな要因であり、感情的になって短絡的な行動を取ることは、さらなる失望や憤りを生み出します。誰だって常に怒って不可解な行動を取る相手と結婚生活を送りたいと思うはずがないため、怒りにまかせた行動を取る前に、たとえそれが辛い選択であっても自分の不安や怒りを相手に言葉で伝えることが重要です。

by Kat Jayne

◆5:助けを呼ぶタイミングを知る
もしも自分がうつ状態にあると気づいたら、すぐにパートナーと相談して専門家の助けを得る必要があります。そのほかの問題についても、自分たちで対処しきれないと感じたら親や兄弟、親友などに相談して助けを求めるべきであり、困った時に外部の人々に助けて欲しいと訴えることも結婚生活にとって大事だとピーターソン氏は主張しています。

by Samantha Garrote

また、これらのポイントを意識することに加え、結婚生活において対立が発生した場合に自分がどのような立ち位置にあるのかを理解することも大事だとのこと。自分自身の行動や心情を振り返り、「不必要な対立を発生させる原因になっている」「常に自分だけが被害者だという意識を持っている」「パートナーを非難している」「相手を感情的に支配して、罪悪感で縛っている」「面と向かって、あるいは陰で相手の悪口を言っている」といった問題行動を取っていないかを確認することが重要だそうで、これらの点が自分にあると感じたら行動を止めるべきだとピーターソン氏は述べました。

by Takmeomeo

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
長年続いた結婚では幸福度が変わらないのに行動や関係は大きく変化する - GIGAZINE

幸せな結婚生活をし続けている夫婦の10個のヒミツ - GIGAZINE

「結婚で得られる健康上の利益」は結婚しなくても得られることが判明 - GIGAZINE

社会とともに変化する結婚の質とレベルアップのための方法論とは - GIGAZINE

「意識していなかった人からの告白でもOKする女性が過半数」、恋愛と告白に関する貴重なアンケートデータ公開 - GIGAZINE

大人になってから友だちを作って孤独に別れを告げるための6つのヒント - GIGAZINE

最も幸福度が高いのは「未婚かつ子どものいない女性」 - GIGAZINE

幸せに慣れて鈍感になってしまう「快楽適応」を避けるためにすべきこと - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in メモ, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.