動画

社会現象になるほどの熱狂的人気ドラマ「ストレンジャー・シングス」を1980年代のアニメ風に再現したムービー


Netflixで配信中の海外ドラマシリーズ「ストレンジャー・シングス 未知の世界」は、最新のシーズン3が放送開始からわずか4日で4000万アカウントに視聴されたという人気作品です。そんなストレンジャー・シングスを1980年代のアニメ風に再現したムービーを、YouTubeチャンネルのOctopieが公開しています。ドラマファンはもちろんのこと、ドラマ未見の人をドラマ沼に引き込みそうな好きな人にはたまらない仕上がりのアニメになっています。

If Stranger Things was an 80s Anime - YouTube


「こちらは1982年、Octopie社とFates社のアニメーションテストです。内部使用のみ。VHSテープの配布、共有、またはコピーは出来ません。すべての権利はそれぞれの著作権者によって所有されています。アニメおたくがアニメおたく用に制作したアニメです。」というところどころつたない日本語の注意表記が表示され……


ムービーがスタート。


左からダスティン、マイク、ウィル、ルーカスの仲良し4人組が、いつものようにマイクの家でダンジョンズ&ドラゴンズで遊んでいるシーン。


テーブルから落ちたダイスがキラリと光り……


別の場面へ。頭に器具を取り付けられていかにも怪しげな実験に参加させられているのが、超能力者のイレブン。


再び場面は変わり……


何かに追われるウィル。


なんと追いかけてくるのはダンジョンズ&ドラゴンズのモンスターであるデモゴルゴンでした。


ソファの上に立っているのは……


ウィルの母親であるジョイス。


行方不明になったウィルを探してマイク、ルーカス、ダスティンの3人が奔走。


そんな3人の前に現れたのが……


ワッフル大好きの超能力少女イレブン。


ニコッ


テーブルを囲むのは警察署のホッパー所長。


防護服を着用して裏側の世界でウィルを探すジョイス。


再び場面が変わり、咆哮するデモゴルゴン。


しかし、イレブンの超能力で撃退。


そのまま画面が割れて、うつろな表情のウィルが登場。


ゲロゲロ


さらに場面が変わり、謎の生物と……


ダスティン。謎の生物をダートと名付けて飼い始めます。


デモゴルゴンとの死闘


立ちすくむ1人の影


駆け付けた仲間たち


怒り爆発


雷鳴がとどろきます。


皆の視線の先には……


裏側の世界を支配するマインド・フレイヤーの巨大な影。


超能力でゲートを閉じようとするイレブン。


「ストレーンジヤーシングブ」

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「Windows 1.11」がMicrosoft Storeに登場、ドラマとのコラボ企画で実現 - GIGAZINE

Netflixの視聴を左右する「アートワーク」はどのように生成されているのか? - GIGAZINE

世界最初のRPG「ダンジョンズ&ドラゴンズ」はなぜ2018年に歴代最高の売上を記録できたのか? - GIGAZINE

「Netflix」がE3 2019でゲーム関連の最新情報を発表予定 - GIGAZINE

Netflixは2018年に配信コンテンツに7600億円以上の大金を費やす - GIGAZINE

Netflixを仕事中でもビデオ会議っぽく偽装しながら視聴できるChrome拡張「Netflix Hangouts」を使ってみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in 動画,   アニメ, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.