サイエンス

若者のセックス頻度が過去10年間で激減していることが調査で浮き彫りに

by Mickael Gresset

イギリス・ロンドンにある研究大学のロンドン・スクール・オブ・ハイジーン&トロピカル・メディスンが、イギリスの医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル上で、「現代人の性行為頻度」に関する調査をまとめた論文を発表しました。これによると、過去10年間で25歳以上のカップルの性行為頻度は著しく低下しています。

Surveys indicate a decline in sex among young adults in Britain | The BMJ
https://www.bmj.com/content/365/bmj.l1961


Couples are having less sex now than in previous decades, study shows - New York Daily News
https://www.nydailynews.com/news/world/ny-study-shows-couples-are-having-less-sex-20190508-pgjlb42nfrhvdpjsoerhwcpogq-story.html

調査論文は、イギリスで定期的に行われている「性生活およびライフスタイル」に関する大規模な統計調査「Natsal」のうち、1990年に実施された16~59歳の成人1万8876人を対象にした調査「Natsals 1」、2000年に実施された16~44歳の成人1万2110人を対象にした調査「Natsals 2」、そして2010年9月から2012年8月までの期間に16~74歳の成人1万5162人を対象に行われた「Natsals 3」の3つを分析したものです。

3つの調査データを分析したところ、調査期間となる1990~2012年のうち、特に過去10年間(2000年以降)で著しい性行為の回数減少がみられることが明らかになっています。しかし、若者たちの性行為への関心が薄れたというわけではなく、むしろ性行為を好む人の数は増加傾向にあるそうです。

by Alejandra Quiroz

分析結果によると、性行為の平均回数は1990年と2000年の調査では女性が平均4回、2012年の調査では平均3回であったのに対して、男性はすべての時点で平均3回でした。そして、「月に1度も性行為をしない」という人の割合は、女性の場合は28.5%(1990年)、23%(2000年)、29.3%(2012年)と推移しているのに対して、男性の場合は30.9%(1990年)、26%(2000年)、29.2%(2012年)と変化しています。

一方で、月の性行為回数が10回以上と回答した被験者の割合は、女性の場合は18.4%(1990年)、20.6%(2000年)、13.2%(2012年)、男性の場合は19.9%(1990年)、20.2%(2000年)、14.4%(2012年)です。また、月の性行為回数が多い人の割合も、過去10年で大きく減少しています。

加えて、追跡調査の結果から、複数の性別・年齢層の中だと、「25歳以降の既婚または未婚の男性」が最も性行為の回数を急激に減少させるそうです。

by Joël de Vriend

報告される性行為の回数は減少しているものの、性行為自体を好む人の数は増加しており、「身体的および精神的健康状態が優れている人」および「正社員」、「高い収入を持つ人」が特に頻繁に性行為を行っているとのことです。なお、同様の分析結果、つまりは過去数年間で性行為回数が減少していることが、アメリカ・オーストラリア・フィンランド・日本を含む高所得国でも報告されています。

調査を行ったキー・ウェリングス教授は、性行為の減少にはいくつか理由があり、生活ペースの変化やさまざまな技術の発展により増加した多種多様な娯楽などが原因となっていると指摘しています。ウェリングス教授は「現代人はパートナーに注意を払う代わりに、現代技術のおかげで買い物をしたり休暇を楽しんだり仕事を続けたりが可能になりました」と述べています。

性行為は一般的に意図しない妊娠や感染症、性機能障害を引き起こすなど有害な影響を懸念されるケースが多いですが、定期的に性行為を行うことは、健康、幸福、クオリティ・オブ・ライフに有益でもあります。そして、今回発表された論文でも、性的に活発な人は「体調がよく、幸福で、より良い認知機能と長い平均余命を持っている」と示されたとのこと。

なお、ウェリングス教授は「一般的に、性行為の頻度が高いと報告している高収入の男性の性行為回数が減少した場合、その理由は現代生活のペースの増加を反映している可能性があります。ほかにも、男性の場合は経済的な理由や雇用保障の低下により引き起こされたストレスが原因となり、性行為の回数を減らしている可能性もあります」と語っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「最近の若者は恋人とセックスをしなくなっている」という指摘 - GIGAZINE

「なぜ日本人の間で30歳前後のセックス未経験者が増えているのか」というニュースがCNNで報じられる - GIGAZINE

よいセックスをするためには良質な睡眠を取る必要がある - GIGAZINE

セックス中の「腹上死」は現実、行為中に心停止を起こすケースが一定の割合で存在することが明らかに - GIGAZINE

オーラルセックスやアナルセックス、同性間セックスの経験などセックスに関する数字いろいろ - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in サイエンス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.