ネットサービス

Gmailがあらゆるサービス同士を連携させる「IFTTT」のサポートを打ち切る模様


「○○が起きたら××を実行」というシンプルな命令セットにさまざまなサービスを連携させることで、「メールを送ったらルンバで掃除」したり「カメラで写真を撮影したらクラウドストレージにも画像を保存」したりと、さまざまな動作を自動化するのに役立つサービスが「IFTTT」です。しかし、フリーメールサービスのGmailがIFTTTのサポートをまもなく打ち切りにすることが、ひょんなことから明らかになっています。

Gmail will drop IFTTT very soon - Not Enough TECH
https://notenoughtech.com/google/gmail-will-drop-iftt-very-soon/

Google removing gmail access from IFTTT | Hacker News
https://news.ycombinator.com/item?id=19458172

GmailがIFTTTのサポートを打ち切ると報じているのは、テクノロジー系ブログのNot Enough TECH。同ブログがGoogleアカウントチームにGoogle+について問い合わせを行ったところ、偶然Googleから「GmailのIFTTTサポートに関するメール」を受け取ることとなった模様。なお、GmailがIFTTTのサポートを打ち切る理由は、Google+を取り巻くセキュリティ侵害にあるそうです。

「Google+を取り巻くセキュリティ侵害」については以下の記事にその詳細が書かれています。

5000万人の個人情報の漏洩リスクがあるバグ発見でGoogle+が終了時期を2019年4月へ前倒しに - GIGAZINE


GoogleアカウントチームはNot Enough TECHへのメールで、「特別な措置を講じる必要はありませんが、次のサードパーティー製アプリ(IFTTT)ではGmailコンテンツを含むGoogleアカウントの一部データへのアクセスができなくなることをご承知ください。この変更は2019年3月31日から有効になります」と記しており、サードパーティー製アプリのIFTTTではGoogleアカウントの一部データにアクセスできなくなると警告しています。なお、Googleは「次のサードパーティー製アプリ」と記しているものの、IFTTT以外のサービス名は挙げられていません。

続けて、「我々はユーザーデータが保護されていることを確認するための継続的な取り組みの一環としてこの変更を行っています。これらのアプリ(IFTTT)は2018年10月8日に発表されたGoogleによる最新のデータプライバシー要件にまだ準拠していません」と記し、IFTTTのサポートを打ち切る理由を説明しています。


Not Enough TECHは「IFTTTでGmailを使ったことは一度もない」としながら、より多くのツール同士を連携させられる点にIFTTTの可能性が秘められているため、サポートされなくなることは残念と記しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
記事の保存からお天気通知まで、59のウェブサービスを手軽に自動連携させられる「IFTTT」を使ってみた - GIGAZINE

60以上のサービスを簡単に自動連携できるIFTTTのiPhoneアプリを実際に使ってみました - GIGAZINE

ワンタップで指定した動作を行うIFTTTの新アプリ「Do Button・Do Camera・Do Note」使い方まとめ - GIGAZINE

あらゆるサービスとサービスを連携させまくることが可能な「IFTTT」のiPadバージョンがリリースされたので使ってみた - GIGAZINE

カードを選んでクリックするだけでローカルPCでの面倒な作業を自動化する「Ellp」 - GIGAZINE

無料でさまざまなウェブサービスを連携させ定期的に実行できる「Automate.io」を使ってみた - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ソフトウェア,   ネットサービス, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.