映画

自分と同じ見た目の不気味な「何か」が自分を殺しにやってくる「Us」予告編


自分や家族とまったく同じ見た目で同じような考えを持つ「何か」が殺しにやってくるというホラー映画「Us」の予告編が公開されました。Usは、2017年のホラー映画「ゲット・アウト」で監督デビューをかざり、映画は週末興行収入ランキング初登場1位、批評家からも高い評価を受けたジョーダン・ピール監督のホラー2作目にあたります。

Us - Official Trailer [HD] - YouTube


森の中を走る1台の車。


中に乗っているのは、夫婦と子ども2人という家族。父親役はブラックパンサーでエムバク役のウィンストン・デューク、母親役はルピタ・ニョンゴです。


一家が到着したのはカリフォルニア州のビーチサイド。母親であるアデレードが幼少を過ごした場所で夏を過ごす計画のようです。


友人とのんびり


しかし、アデレートは息子・ジェイソンの姿が見えなくなったことに気づきます。


人けがない浜辺を歩くジェイソン


その視線の先に立つ人物の手は血まみれです。


無事ジェイソンは見つかりましたが、血まみれの人物は謎のまま。何事もなかったかのように一家は夜を迎えますが……


家の外ではハサミを握りしめた「何か」の姿。


深夜、「外に誰かがいるよ」と両親に伝えにきたジェイソン。


扉から外をのぞくと……


確かに4人の人物が立っています。


「多分、近所の家族だろう」ということで父親であるゲイブが「どうかしましたか?」と外に出ます。


アビゲードだけが何かを悟ったように「靴を履いて」と子どもたちに伝えます。


金属バットを片手に「何かやる気なら相手になるぞ」とゲイブが伝えた瞬間……


立ち尽くしていた家族はバラバラに。「父親」と見られる人物が向かってきます。


窓の外では仮面をつけた「子ども」が首をかしげ……


男が侵入


子どもたちも侵入してきます。


そしてなぜか、4人家族はまるで自分の家にいるかのようにリビングに居座ります。


「一体誰なんだ」


もの言わぬ謎の一家の姿は……


アデレートたちとうり二つ。


遊園地にやってきたのは幼いころのアデレートとみられます。


ここでアデレートは自分にそっくりの人物に殺されそうに。


その時の人物が再び現れたようです。


「彼らは私たちと同じような見た目で、私たちと同じように考える」


手にはハサミ


血まみれのアデレートの前に……


炎で包まれた子どもが立ちふさがります。


ビーチで殺害された誰か。


病院のような場所に……


幼い頃のアデレートの姿をした子ども。


彼らに殺されるのか……


彼らを殺すのかの2択を迫られます。


対決の瞬間


しかし一方で……


2人の少年はつながりを持つ様子。


一家は果たして生き延びることができるのでしょうか……。


なお、Usは2019年3月15日に全米公開予定となっており、日本での公開については未定です。

Us | Movie Site & Trailer | March 15, 2019
https://www.usmovie.com/

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
飛び上がるほど恐ろしいシーンを40本の映画から集めた「This Supercut Will Make You Jump」 - GIGAZINE

映画に出てくるサメの襲撃シーンで特にスゴイものまとめ - GIGAZINE

「時に『死』の方がよい時もある」、スティーヴン・キング原作の映画「Pet Sematary」予告編公開 - GIGAZINE

たった15秒で恐怖体験可能なホラームービー20選 - GIGAZINE

「近年で最恐」と評判の高いサイコ・ホラー映画「Hereditary」予告編第2弾 - GIGAZINE

「あまりにもショッキングで怖すぎる」という理由でYouTubeが新作映画のムービー広告を削除 - GIGAZINE

1895年から2016年までのホラー映画の歴史がわかるムービー「A History of Horror」 - GIGAZINE

ニコラス・ケイジ主演のスプラッタホラー「Mandy」を使ってノスタルジーをかき立てる「フィルムグレイン」がいかに映画の美的効果を進化させたのかを説明 - GIGAZINE

ホラー映画で死なずに生き残るにはどうすればいいのか? - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.