×
メモ

Amazonのレジレス店舗「Amazon Go」の2号店が2018年内にもオープンする見込み

By SDOT Photos

ネット小売最大手のAmazonが実店舗として手がけるレジレス店舗「Amazon Go」の2号店が、2018年秋にもアメリカのシアトル市内でオープンする見込みであることが明らかになっています。

Revealed: Amazon Go’s new Seattle location signals tech giant’s growing ambitions for checkout-free retail concept – GeekWire
https://www.geekwire.com/2018/revealed-amazon-gos-new-seattle-location-signals-tech-giants-growing-ambitions-checkout-free-retail-concept/

Amazonは2018年1月、シアトル市内にAmazon Goの1号店をオープンさせていました。この店舗には通常のレジが設置されておらず、来店客はスマートフォンにインストールしておいた専用のアプリを使って入店。その後は、バッグの中に買いたい商品をぽいぽいと放り込むだけOK。あとは店内に設置されたカメラや各種センサーが手に取った商品を検知し、店から出る時に自動で代金を決済する仕組みが取り入れられています。実店舗の詳しい様子は以下の記事から。

Amazonの「レジなしコンビニ」風リアル販売店舗「Amazon Go」がついにオープン - GIGAZINE


テクノロジー/ビジネス関連メディアのGeekWireによると、Amazonは2018年秋の段階でAmazon Goの2店舗目をシアトルのダウンタウンエリアでオープンさせる予定とのこと。GeekWireは、シアトルの「5thアベニュー」と「マディソン・ストリート」が交わる交差点にある店舗で改装が行われているのを発見。


少し剥がれた壁紙の向こうには、Amazon Goのキャッチコピーである「No lines. No checkout. (No, seriously.)」(列待ちなし。レジ精算なし。(本当です))というフレーズが書かれていることがわかります。


GeekWireの調査によると、シアトル市に提出された書類からAmazon Go 2号店の詳細がいくつか判明しているとのこと。新店舗では店舗面積が大きく拡大される予定で、1店舗目の1800平方フィート(約50坪)から約3000平方フィート(約84坪)へとスケールアップする見込み。改装中とみられる店内には、すでにサンドウィッチなどを陳列するための棚などが設置されているそうです。


1店舗目では、食材を加工するためのスペースも設けられていました。おそらく2店舗目でもこのサービスは取り入れられるようですが、店舗の拡大に合わせてどのように変化するのかは不明である模様です。


なお、この店舗に関してはAmazonも計画があることを認めており、「シアトルの5thアベニュー920番地にAmazon Goを開店させることを楽しみにしています。開店時期は2018年の秋となっています」と表明しているとのことです。

・関連記事
Amazonが支配しようとしているのはオンライン通販ではなく商取引全体のインフラである - GIGAZINE

レジレススーパー「Amazon Go」は世界中の小売業を完全支配するAmazon帝国設立のための第一歩 - GIGAZINE

Amazonがニューヨーク初のリアル書店をオープン、店内のフォトレポートはこんな感じ - GIGAZINE

元Amazon社員が明かす、”最強の捕食者“Amazonのビジネスモデルとは? - GIGAZINE

「『Amazonのやり方が正しい』とは言わない、しかし20年で根付いた文化だ」とベゾスCEOが発言 - GIGAZINE

Amazonは現代の「強盗男爵」だと指摘するレポートが登場 - GIGAZINE

in メモ, Posted by logx_tm