ハードウェア

Googleが新しくARヘッドセットを開発中と報じられる

by Ted Eytan

GoogleがQualcomm製の最新チップを使用して単体動作可能な拡張現実(AR)ヘッドセットを開発中だと報じられています。報道によると、ARヘッドセットを開発するのは台湾のITメーカーQuantaに決定しているそうですが、プロジェクトはまだ初期段階にあるようです。

Google plant eigenständiges Augmented-Reality-Headset à la HoloLens - WinFuture.de
http://winfuture.de/news,103281.html

Google is making an AR headset with new Qualcomm chips - The Verge
https://www.theverge.com/circuitbreaker/2018/5/18/17368624/google-ar-headset-qualcomm-chips

ドイツのITニュースメディアであるWinFutureが独自に入手した情報によると、Googleが開発中のARヘッドセットは、2016年にMicrosoftが発売した「HoloLens」と似たものとなり、デザイン・訓練・産業目的での利用が想定されているそうです。MicrosoftのHoloLensがどのような端末なのかは以下の記事を読めばよくわかります。

現実空間に3Dホログラムを投影し実世界と映像が重なり合うMicrosoft製ヘッドアップディスプレイ「HoloLens」を体験してきました - GIGAZINE


Googleが開発中のARヘッドセットは単体で動作することが可能で、その心臓部にはQualcomm製の最新チップが搭載されることになると伝えられています。また、カメラとマイクも搭載している模様。プロジェクトではARヘッドセットを「Google A65」と呼称しており、WinFutureによると開発はまだ初期段階にあるためリリース時期は未定です。

Google A65はHoloLensと同じように動作するだけでなく、搭載されるQualcomm製の最新チップもHoloLensと同じものになると言われています。Microsoftは2018年にHoloLensのアップデートを計画しているとウワサされており、この新しいHoloLensとGoogle A65で同じQualcomm製のチップが採用されると予測されているわけです。なお、両者で採用されるとみられているのは、Qualcommの「QSC603」という4コアチップです。

Googleは2017年に「終わった」と思われていたGoogle Glassのアップデートを発表しましたが、このGoogle Glassとは別のARヘッドセットがイチから開発中であると考えられます。

あの「Google Glass」が2年の沈黙を破って販売拡大を発表 - GIGAZINE


なお、Google GlassとHoloLensの違いについて、海外メディアのThe Vergeは「Google Glassは基本的にヘッドアップディスプレイとカメラのセットといった感じですが、HoloLensは混合現実(MR)をサポートするもので、ただ単に映像が現実と重なって表示されるというわけではなく、現実世界の一部として見えるようになっている」と記しています。

・関連記事
Appleが完全新開発の「ARヘッドセット」を開発中と報じられる - GIGAZINE

ポケモンやPortalを「Microsoft HoloLens」の複合現実でプレイするとこうなる - GIGAZINE

MicrosoftのARヘッドセット「HoloLens」をバラバラ分解、極上の「複合現実」を生み出す各ユニットはこうなっている - GIGAZINE

現実とバーチャルを融合させるデバイス「HoloLens」でNASAがMicrosoftとの共同プロジェクトを発表 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by logu_ii