画像素材からデザインの似た大きな画像を生成する「WaveFunctionCollapse」


WaveFuntionCollapse」は素材となるビットマップ画像を基に、何枚も画像をつなぎ合わせたり、角度を変えたりなどして、元の素材に似た大きな画像を作り出せるとのこと。たとえば、自作のゲームを作るような場合、そこまで個性を持たせる必要のないマップやフィールドを作るときに素材となる画像を読み込ませて、デザインを自動生成することにも使えそうです。

WaveFunctionCollapse/README.md at master · mxgmn/WaveFunctionCollapse · GitHub
https://github.com/mxgmn/WaveFunctionCollapse/blob/master/README.md

たとえば、以下の「2本の黄色い花」のビットマップ画像を「WaveFunctionCollapse」に読み込ませると……


元のデザインを生かし、より大きな「6本の黄色い花」の画像が生成されます。


複数の画像を読み込ませることもでき、赤枠で囲まれた13個の画像を読み込むことで、電子回路のような画像を作成も可能。


ゲーム用の素材を使えば、フィールドのような画像を作成できます。


さらに生成する画像に制約を付けることが可能で、あらかじめどの地点にどの素材を配置するか決めておき、「Fixed」のタグを設定すると……


タグを設定した部分は指定された素材のままで、他の部分を自動生成してくれます。


生成には時間を要することがあるようですが、3D画像の作成も可能とのことです。


「WaveFunctionCollapse」はMicrosoftよって開発されたプログラム言語「C#」で開発されており、使用するには、事前にC#の開発環境を準備する必要があります。

・関連記事
縦横比を無視したリサイズをしても違和感のない画像に仕上げることができる画像リサイズ用ライブラリ「Caire」 - GIGAZINE

なぜ画像に「ぼかし」を入れると色の境界部分がつぶれてしまうのか? - GIGAZINE

無料&インストールなしで画像のリサイズや画質変更が一括で可能な「Bulk Resize Photos」 - GIGAZINE

画質とファイルサイズを見比べつつ画像を変換できるフリーソフト「RIOT」 - GIGAZINE

世界初のGPUを使ってサクサク動く画像編集ソフト「Pixelmator」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   デザイン, Posted by log1j_ty