試食

若い女性に大人気の「ブラックサンダー」が女性の求める健康要素を詰め込んで新提案する「ナチュラサンダー ブラン」「ナチュラサンダー ハイカカオ」


ザクザクしたクセになる食感とガツンとした食べ応えが人気の黒い雷神こと「ブラックサンダー」シリーズから、女性が求める健康要素をこれでもかと詰め込んだ、ちょっと小腹がすいたときに「食べてしまった」という罪悪感なく楽しめる新商品「ナチュラサンダー ブラン」「ナチュラサンダー ハイカカオ」が2017年12月18日より登場しました。健康要素盛りだくさんに加えてフレーバーに工夫をこらした軽食の新提案ということで、さっそく味わってみました。

ユーラクニュース: 【新発売】「ナチュラサンダー」2種 発売のお知らせ
http://yurakuseika.lekumo.biz/blog/2017/12/post-926b.html

「ナチュラサンダー ブラン」のパッケージ


パッケージには「乳酸菌配合」の表示と麦のイラスト。乳酸菌は100億個も含まれています。


原材料名で気になるのは、「小麦全粒粉」という部分。通常のブラックサンダーのウリである「ココアクッキー」のかわりに小麦やコーンスターチが配合された、軽い食感のビスケットです。


「ナチュラサンダー ブラン」は網目模様にチョコレートがコーティングされていました。


「ブラックサンダー」と並べてみます。幅はほぼ同じですが、「ナチュラサンダー ブラン」が少し長め。


横から見ると、「ナチュラサンダー ブラン」はかなり薄くなっていることがわかります。


「ブラックサンダー」のガツンとくる甘さと比べると、「ナチュラサンダー ブラン」は甘さ控えめなものの、ブランやミルクの風味がしっかりと感じられます。くどくないスッキリとした甘さで、後味のミルク感も優しいので、ティータイムやコーヒーブレイクのちょっとしたお供にバッチリだと感じました。


薄めで食べやすく、軽い食感ながらもザクザクと食べ応えがあるので、時間がない朝などに手軽に食べるのにもオススメです。


「ナチュラサンダー ハイカカオ」は乳酸菌100億個配合に加えて、カカオ分72%のハイカカオチョコレートを使用しているとのこと。


「ナチュラサンダー ハイカカオ」のパッケージには、カラフルなカカオの実が描かれています。


パッケージの下部に、「カカオ分72%チョコレート使用」との表示がありました。一般的な板チョコレートはカカオ分40%ほどなので、かなりビターなチョコレートだとわかります。


チョコレートはビターですが、ヘーゼルナッツのペーストをビスケットに配合することで、カカオの苦みが強くても食べやすく仕上がっているとのこと。


「ナチュラサンダー ハイカカオ」の形状は「ナチュラサンダー ブラン」と同じですが、かなり黒っぽい色合いです。


比較してみると一目瞭然。左の「ナチュラサンダー ブラン」は薄めの色ですが、右の「ナチュラサンダー ハイカカオ」は黒に近い茶色です。


実際に食べてみると、最初にチョコレートの甘みをほのかに感じつつも、口の中にはカカオの苦みが広がります。とはいえ嫌な苦みでは全くなく、カカオのうまみがザクザクとくずれるビスケットとぴったりの相性で、後味にしっかりと残る風味も次のひとくちを催促してたいへんグッド。しかし、濃い目のチョコレートの味わいや苦みがあまり得意ではないという編集部員もいたので、サクッと軽い甘さを楽しみたいなら「ナチュラサンダー ブラン」が、カカオのうまみとビターな味わいを好むなら「ナチュラサンダー ハイカカオ」がオススメです。


「ナチュラサンダー ブラン」と「ナチュラサンダー ハイカカオ」は、2017年12月18日から全国のミニストップで数量限定販売中。健康志向でパッケージデザインもブラックサンダーからはほど遠くなっているナチュラサンダーですが、参考価格は1本あたり税抜30円とブラックサンダーと同じで手頃な価格になっています。

・関連記事
ブラックサンダーが銘菓「あん巻き」と一体化して昇華した「ブラックサンダーあん巻き」を食べてみた - GIGAZINE

「お嬢様、デザートですわよ!」ということで少し贅沢になった「ブラックサンダーティラミス」を食べてみた - GIGAZINE

餅風グミの食感ときなこ風味が新しい「もちもちブラックサンダーきなこ」を食べてみた - GIGAZINE

「ブラックサンダー」のザクザク食感を再現した「マックフルーリー ブラックサンダー」はまさに「冷たい雷神」 - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1e_dh