9歳の少年がクリスマスプレゼントのXboxを諦めてホームレスに毛布を寄付したところ、本物のサンタからプレゼントをゲット


アメリカ・オハイオ州のビーチウッドで暮らす9歳のミカ・フライ君が、寒くなってきた季節をホームレスたちが乗り切れるようにと、自身がクリスマスプレゼントにもらおうと思っていたXboxを諦め、大量の毛布をお願いしました。このストーリーは反響を呼び、最終的にフライ君はMicrosoftのサンタクロースから念願のXboxをプレゼントされることとなります。

9-year-old gives up Xbox for Christmas to help homeless | fox8.com
http://fox8.com/2017/12/06/9-year-old-gives-up-xbox-for-christmas-to-help-homeless/

Microsoft surprises boy who gave up Xbox to donate blankets | fox8.com
http://fox8.com/2017/12/16/microsoft-surprises-boy-who-gave-up-xbox-to-donate-blankets/

一連の動きは、フライ君が屋外にいるホームレスを見かけて「とても寒そう」と呟いたことから始まります。祖母のテリー・ブラントさんがフライ君に「彼らに何かプレゼントしたいと思う?たとえば、毛布とか」と聞くと、フライ君は「おばあちゃんなら毛布を買ってあげられる」と答えました。「なら、クリスマスプレゼントを1つ諦めて、誰かに毛布を贈りたい?」とブラントさんが問いかけると、フライ君は「OK」とこれを了承し、Xboxの代わりに毛布を買うのであれば30枚は買えると答えたそうです。

フライ君の母親であるサラ・ブラウンさんによれば、一家は3年ほど前、経済的に困窮して家を出なければならなくなり、アシュランド教会が提供している、住居を一定期間借りられる「アクセス」と呼ばれるプログラムを利用したとのこと。フライ君はこのプログラムの利用者向けに60枚以上の毛布を寄付しました。


毛布にはフライ君からのメッセージカードが付属。カードには「僕が6歳の頃、ママと僕は教会に住んでいました。彼らは僕に毛布をくれたけど、(施設を離れる際には)毛布を返さなければいけませんでした。僕はみんなに自分の毛布を持てるようになってほしいです。今、僕は自分の家で暮らしていて、いつの日かあなたも自分の家で暮らすようになるでしょう」と書かれています。


このフライ君の行動をMicrosoftが聞きつけ、フライ君がもともとほしがっていたXboxがプレゼントされることとなりました。


Microsoftのショップ店員たちに拍手で歓迎されるフライ君。


店内に案内されるとそこにはサンタクロースが待っており……


念願のXboxをプレゼントされることとなりました。

・関連記事
クリスマスを殲滅すべくダース・ベイダーが破壊行為を繰り返すムービー「Darth Santa」 - GIGAZINE

サンタクロース姿のおとり捜査員、シチリアンマフィアを逮捕 - GIGAZINE

フランスの警察がサンタにプレゼントを頼む手紙を出す - GIGAZINE

アフガニスタンでタリバンに砲弾をプレゼントするサンタさんたち - GIGAZINE

セクシーでグラマーなサンタさんの写真いろいろ - GIGAZINE

子どもの夢を壊しそうなダメなサンタの写真いろいろ - GIGAZINE

子供たちにサンタクロースの真実をまざまざと伝える看板 - GIGAZINE

477

in 動画,   ゲーム,   メモ, Posted by logu_ii