Twitterが複数ツイートをまとめるスレッド機能を公開、実際に使ってみた


Twitterで長文を投稿する際には自分のツイートに返信する形で投稿を行うことがありますが、最初から複数のツイートをまとめて投稿できるスレッド機能が現地時間の2017年12月12日に新たに公開されました。

Nice Threads
https://blog.twitter.com/official/en_us/topics/product/2017/nicethreads.html

Twitterでスレッドを作成する方法
https://help.twitter.com/ja/using-twitter/create-a-thread

ということで実際にTwitterでスレッドを作成してみました。


Twitterでつぶやく際、「ツイート」ボタンの横に新たに「+」アイコンが追加されています。これが「別のツイートを追加」するスレッド機能なので、クリック。


すると、スレッド作成画面が現れました。最初のツイートと続く形でテキストを入れ、さらに+アイコンをクリック。


+アイコンを押していくスレッドを作成できるわけです。つぶやきが完了したら「すべてツイート」をクリック。


以下のような感じで一気にツイートが連投されました。


なお、公式ページを見たところスレッドの投稿数は制限されていませんが、スレッドが4個以上のツイートで構成される場合は省略表示され「このスレッドを表示」をクリックすることで全ての内容が見られるようになります。


なお、リツイートや引用リツイートをした場合、リツイートまたは引用リツイートにもスレッド全体を表示するための「このスレッドを表示」オプションが表示されるとのこと。また、スレッドに自分宛の@ツイートが投稿されるたびに自分の通知タイムラインに通知され、この場合も「このスレッドを表示」オプションが表示されるので、スレッドの一部であることがわかります。

・関連記事
Twitterがより自由にデータにアクセス可能となる開発者向けプレミアムAPIをリリース - GIGAZINE

Twitterが「後で読む」機能を開発中、どんな形になるのか? - GIGAZINE

Twitterのツイートをウェブ魚拓のように保存できる「TweetSave」 - GIGAZINE

Twitterを創業したジャック・ドーシーCEOがTwitterの未来を語る - GIGAZINE

身売りがウワサされるTwitterのCEOが作ったもう1つのサービス「Square」だけが急成長しているのはなぜか? - GIGAZINE

678

in レビュー,   ウェブアプリ, Posted by logq_fa