簡単にビジネスモデルが作れてしまう「CNVS」であのひみつ道具のビジネスモデルを考えてみた


新しいアイデアや企画を思いついたとき、その価値が本当に良いアイデアなのかを検証するためのツールとしてリーンキャンバスというフレームワークを使うことがあります。リーンキャンバスは紙1枚で作ることができ、視覚的に見やすいのですが、書く内容は仮説であることが多く、検証して違うとわかれば、すぐに内容を更新する必要があります。しかし、紙に書いていくと内容の更新が面倒になることが考えられます。そこで手軽にリーンキャンバスを作ることができるという「CNVS」があるとのことなので、あの「ひみつ道具」のビジネスモデル作成をやってみました。

CNVS || Lean Canvas & Business Model Canvas Online
https://cnvs.online/

「CNVS」を開くと、いきなりプレーンなリーンキャンバスが表示。ユーザー登録の必要はなく、すぐに使い始めることができます。リーンキャンバスは左側が「内部での活動」、右側が「外部(市場)での活動」を表しています。


「CNVS」のリーンキャンバスには1~9までの番号が各項目に振られています。この番号は書き込む順番となります。一般的なリーンキャンバスとは書く順序が少し異なるようですが、ここでは「CNVS」で指定された順序で書くようにします。


簡単な操作方法ですが、書きたい項目をクリックすると、その項目を編集することができます。編集後に「Enter」キーを押すと次の要素を入力することが可能で編集も簡単です。


まず、リーンキャンバスの名前を指定します。「Canvas Name」をクリックして、「例のひみつ道具」と入力。


次に「CUSTOMER SEGMENTS」を入力します。「CUTOMER SEGMENT」にはターゲットとなる顧客を記入します。このひみつ道具は万人向けですが、顧客はわかりやすくするために限定して「毎朝出社する社会人」、「毎朝登校する学生」と記入。


次に「EARLY ADOPTERS」を入力。「EARLY ADOPTERS」は最初に顧客として切り込むターゲットを書きます。朝の通勤・通学で困っていそうなターゲットを詳細に絞ります。ここでは男性と違い準備に時間がかかりそうな「朝の準備で時間がない女性」と「何度注意されても治らない遅刻常習者」と入力します。


そして「PROBLEMS」を入力。「PROBLEMS」には顧客が困っている上位3つの問題を記入します。実際にこのひみつ道具を売っているわけではないので、ここからは推測ですが、上位3つとして「出勤や登校前の準備で時間がない」「できるだけ長く寝たい」「朝も余裕をもって過ごしたい」という願望を3つ入力。


続いて「EXISTING ALTERNATIVES」を記入します。ここには、上位3つの問題に対して現在どのように対処しているかを書きます。わかりやすい対応策として「早起きする」「早く寝る」を入力。


次に「SOLUTIONS」を記入します。「SOLUTIONS」には「PROBLEMS」で挙げた問題について個々の解決策を書きます。ここでは「思った場所に瞬間移動できるドアを作り、移動時間を0にすることで余暇時間を増やす」と記入。本来は3つの問題にそれぞれの解決策を書きますが、今回はこの1つで完結してしまいました。


そして「REVENUE」を入力します。「REVENUE」には収入の流れを書きます。自分でこのひみつ道具を販売するとしたら、こんな感じかなということで「一括購入」と「リース契約」の2つの内容を記入します。


続いて「UNIQUE VALUE PROPOSITION」を記入。ここには「SOLUTIONS」に書いた解決策を顧客に対してわかりやすく伝えるメッセージを書きます。ここでは「目的の場所に瞬時に移動できるドア」と入力。


次に「HIGH-LEVEL CONCEPT」を入力します。ここでは顧客にとって一番わかりやすく伝えるためのフレーズを書く部分です。目的の場所に瞬間移動できるドアなので「あのロボットも愛用した例のドアを再現」と記入。


続いて「CHANNELS」を入力。「CHANNELS」では顧客にどのようにこの商品を伝えるかを書きます。現代人がどこから情報収集しているのか総務省の調査を確認してみると、就学・就労している10代~50代までの人は主にテレビとインターネットからであることがわかります。そこで、商品の周知を行う方法として「テレビでの広告」「インターネットでの広告」と記入します。


次に「KEY METRICS」を記入します。ここには商品に顧客が満足しているかの指標として何をチェックするかを記入します。ここでは販売の指標としてわかりやすい「販売台数」「リース契約数」と使っている人が本当に満足しているかを確かめるために「アンケート」を入力。


そして「UNFAIR ADVANTAGE」を記入。これは他社より優れている要素を記入する箇所です。この商品は現状、競合他社がいないので、「瞬時に場所を移動する技術」「思い描いた場所を実際の座標にして割り出すことができる技術」の2つを記入。


最後に「COST STRUCTURE」を入力します。これはこのサービスや商品の提供を行うための費用を記入します。ここには瞬間移動技術の「特許取得費用」や「人件費」「システム開発費」「材料費」を記入します。


出来上がった「例のひみつ道具」のリーンキャンバスがこちら。朝の通勤・通学が大変な人に向けて素敵なドアを販売するビジネスプランができました。本来はここから検証と内容の見直しを繰り返して、リーンキャンバスをブラッシュアップしていく必要がありますが、このひみつ道具に関連する部分がブラックボックスで、具体的な費用もよくわからないので一旦はここで終了。これ以上、リーンキャンバスの精度を高められないもどかしさが残ります。


リーンキャンバスが完成したら、「PRINT」ボタンを押してプリンタで印刷することもできます。


また、「SAVE&SHARE」ボタンを押すと……


リーンキャンバスの保存画面が表示されます。キャンバス名を「Your Canvas Name」に、メールアドレスを「Your Business Email」に記入して「SAVE」ボタンを押します。


するとリーンキャンバスのURLが表示されます。ここで「Can edit and share others」のトグルボタンをクリックして有効にすると、URLを知っている人なら誰でも編集可能になります。有効にしなかった場合、次回以降編集できなくなることがあるので、自分だけしか編集しない場合は有効にした上でURLを公開しないという使い方をおすすめします。また「Twitter」「Facebook」「LinkedIn」「Google+」にもこのURLをシェアすることが可能です。


なお、先ほど「Your Business Email」に書いたアドレス宛にも、作成したリーンキャンバスにアクセス可能なURLが送られてきます。


リーンキャンバスは基本的な9項目を記入するだけでアイデアを整理し、1枚に要点がまとめられるので、アイデアの価値をわかりやすく簡単に説明でき、多くの人と共有するとたくさんのフィードバックを集めることができます。新しいアイデアを思いついたり、こんな企画をやると面白そうだと思ったときには、一度「CNVS」でリーンキャンバスを作ってみるというのもアリです。

・関連記事
Amazonがトラック業界の構造を一変させる可能性のある新アプリを開発、2017年夏にもリリース予定 - GIGAZINE

「広告を売ってもお金にならない」とウェブメディアのCEOが苦境を吐露&従業員の3分の1を解雇 - GIGAZINE

スタートアップは大きくなるまでに3段階のステップを踏む - GIGAZINE

夢の超音速旅客機「コンコルド」が商業的失敗に終わってしまった理由とは - GIGAZINE

スマホゲームの収益の半分は全ユーザーのたった0.19%が支えていることが判明 - GIGAZINE

94

in レビュー,  ネットサービス, Posted by log1j_ty