早くも次期iPhone情報が登場、2018年は改良型ステンレス製フレームにOLEDを搭載する2モデル構成か


2017年11月3日にはついにiPhone Xが発売されたばかりですが、もう2018年モデルのリーク情報が飛び出しました。iPhoneリーク情報の中心人物の一人であるKGI証券のミンチー・クオ氏の情報によると、2018年モデルはiPhone Xに近い特徴を持つ端末になる模様です。

KGI: Apple to offer two OLED iPhones with updated stainless steel frames next year | 9to5Mac
https://9to5mac.com/2017/11/06/kgi-iphone-x-2/

KGI証券の報告書によると、2018年に登場するiPhoneは2モデル構成であると予想されています。

ディスプレイに関しては、2017年モデルでは5.8インチOLEDのiPhone X、5.5インチ液晶のiPhone 8 Plus、4.7インチ液晶のiPhone 8という3種類でしたが、2018年モデルではOLEDモデルに集約される可能性が考えられています。

フレームの材質については、iPhone Xで強度を上げるために取り入れられたステンレススチールが引き続き使用されるようです。ただし、iPhone Xは4パーツ構成でしたが、2018年モデルはより多くのパーツへ分割されることで、見た目が改善される見込み。パーツ分割によって通信性能に変化があるかどうかは不明です。

iPhone Xの目玉機能の一つであり、生産ネック問題の主役としてもさまざまな話題となったTrueDepthシステムについては、2018年モデルにも搭載される見込みですが、リアカメラへの搭載は見送られる模様。また、2018年に登場するとみられる新型iPad ProにもTrueDepthシステムが搭載されると予測されています。


TrueDepthシステムを使った「Face ID」に関しては、2018年以降には全てのiPhoneに搭載され、Touch IDは廃止されるとも予測されていることも、このうわさを裏付けるものといえそうです。

2018年以降に発売されるiPhoneはすべてTouch IDを放棄してFace IDへ移行か - GIGAZINE


発売が約1年先の2018年モデルについて正確な予測をすることは難しいものの、現段階の情報では、iPhone Xの仕様を引き継いだ大小2モデル構成予想されます。iPhone Xについては「高すぎる」という声があり、2018年に廉価版iPhone Xが登場するという噂も出ているので、KGI証券が予想したモデルはあくまでこの廉価版iPhone Xであって、2018年新モデルは何か別に用意されているということもあるのかもしれません。

・関連記事
次期iPad ProはiPhone Xと同じく顔認証機能Face IDを採用との情報 - GIGAZINE

低価格版「iPhone X」が2018年に登場、と報じられる - GIGAZINE

「TrueDepthカメラのおかげでiPhone XはAndroidの2年半先を行く」とKGI証券のミンチー・クオ氏が語る - GIGAZINE

2018年以降に発売されるiPhoneはすべてTouch IDを放棄してFace IDへ移行か - GIGAZINE

138

in モバイル,  ハードウェア, Posted by logx_tm