もしもマリオがダークソウルの世界に殴り込んだら?を再現したカオスすぎるムービー「Dark Souls Odyssey」


2017年10月27日発売予定の「スーパーマリオ オデッセイ」では、マリオが敵や物体に自分の帽子をかぶせると相手を自在に操ることができるようになる「キャプチャー」という新アクションが登場します。このキャプチャーで、「もしもダークソウルの主人公をキャプチャーしてしまったら?」という突拍子もないシチュエーションを再現したムービー「Dark Souls Odyssey」が公開されています。

Dark Souls Odyssey - YouTube


マリオが帽子をつかみ……


華麗に投げます。


帽子は口ひげに茶色の短髪と、どこかマリオを思わせる男性のもとへ飛んで行き……


キャプチャーに成功。


舞台は荒廃した陰鬱たる世界なのですが、BGMはスーパーマリオ オデッセイのメインテーマ「Jump Up, Super Star!」なので、なぜかめちゃくちゃポップに感じます。


さっそくダークソウルの世界で冒険をスタートさせるマリオ(?)


ジャンプ力はスーパーマリオ基準になっており、あり得ないくらい飛びます。


軽快なメロディに合わせてリズミカルに画面が切り替わり、「高難易度の死にゲー」と呼ばれるダークソウルとは思えないくらい明るく冒険を繰り広げるマリオ。


マリオなので武器を持たずにジャンプで敵をつぶします。効果音はもちろんマリオ特有のあのポップな音で統一されています。


しかし、見た目はかなりリアルなオッサン顔です。


コインをゲットしたり……


1UPしたりと、マリオ要素も多数ありますが……


呪腹の大樹


結晶の古老


巨人ヨーム


神喰らいのエルドリッチなどの強敵とも素手で戦うマリオが見られます。


圧倒的逆境に立ち向かうマリオがなぜかだんだんかっこよく見えてくるようなそうでもないような……。


しかし、時には串刺しにされてしまうことも。


ボスキャラクターの凶悪な攻撃を「ポィーン」「クルッ」っとポップな効果音を鳴らしながら軽快に避けまくるマリオ。


時には矢を受け逃走することも。


体が発光して敵を奈落の底に落とすマリオ。あくまで武器は使用しないスタイルのようです。


剣などの武器は持ちませんが、手の中から火の玉を出してファイアボールのごとく投げつけて敵と戦うシーンも。


そんな強敵との戦いの末にマリオに待っているものとはなんなのでしょうか……。


最後はゲームの舞台が映し出され……


「Dark Souls Odyssey」のロゴ


もちろんゲーム化の予定はありません。


なお、映像に出てくるマリオの帽子はムービーの制作者であるJellyEliteさんが自作したものだそうで、データはここから無料でダウンロードすることもできます。

・関連記事
新旧マリオの良いとこ取りな「スーパーマリオ オデッセイ」で初心者も上級者も楽しめる圧巻クオリティに感動した - GIGAZINE

マリオがクリボーやワンワンなどに変身しまくるNintendo Switch「スーパーマリオ オデッセイ」のムービーが公開、発売日は2017年10月27日 - GIGAZINE

ゲーム制作未経験から世界的ヒット作「ダークソウル」を生んだ宮崎英高氏にインタビュー - GIGAZINE

ソウルシリーズ最新作「DARK SOULS III」が発表され予告編が登場 - GIGAZINE

超絶高難度の名作ゲーム「ダークソウル」を約2000人が同時プレイで人間性を捧げまくり - GIGAZINE

222

in 動画,   ゲーム, Posted by logu_ii