レビュー

FacebookがUSBセキュリティキーでの2段階認証に対応したので試してみました


アカウントの不正利用を防ぐ仕組みとして「2段階認証」が用いられていますが、SNSやメールに届くコードを確認して入力するのは手間なものです。そんなときにワンタッチで二段階認証をクリアできる「FIDO U2F」のようなUSBセキュリティキーは非常に便利で、Facebookが2段階認証でのセキュリティキーに対応したので実際に試してみました。

Security Key for safer logins with a touch
https://www.facebook.com/notes/facebook-security/security-key-for-safer-logins-with-a-touch/10154125089265766

USBセキュリティキーがどのようなハードウェアなのかは、以下の記事を見れば一発でわかります。

Googleアカウントの2段階認証で使用可能なUSBセキュリティキー「FIDO U2F Security Key」を使ってみました - GIGAZINE


FacebookはUniversal 2nd Factor(U2F)に準拠したUSBセキュリティキーを2段階認証で使えるようになったので試してみます。

まずはUSBセキュリティキーの登録から。Facebookにログインした状態で、ページ右上の矢印アイコンから「設定」をクリック。


「セキュリティ」→「ログイン承認」の「編集」の順にクリック。


「セキュリティキー」の「キーを追加」をクリック。


「キーを追加」をクリック。


セキュリティキーをUSBポートに挿し込んで、キーが点滅したらボタンを押すように促されます。


指示通りにUSBポートにFIDO U2Fを挿入して、点滅する金属部分にタッチ。


すると、Facebookアカウントのパスワードの入力を求められました。パスワードを入力して、「送信」をクリック。


「次へ」をクリック。


これでセキュリティキーの登録が完了。Facebookのセキュリティで2段階認証を有効化していない場合は、「二段階認証をオンにする」をクリック。


「オンにする」をクリック。


「閉じる」をクリックすれば作業は完了です。


ということで、Facebookアカウントにログインしたことがない端末で、アカウントにログインしてみます。


すると2段階認証としてセキュリティキーの挿入を求められました。


FIDO U2Fを使って2段階認証をワンタッチでクリアする様子は以下のムービーで確認できます。

Facebookの2段階認証がUSBセキュリティキーに対応したので「FIDO U2F」でためしてみた - YouTube


Facebookも対応したU2F対応のUSBセキュリティキーはType-Cタイプも登場しており、今後の普及が期待されます。

・関連記事
ワンタッチでセキュアな2段階認証などが利用可能になる物理デバイス「YubiKey」がUSB Type-Cに対応 - GIGAZINE

Facebookが脳波でのコミュニケーションを可能にするテレパシー技術の開発を進めている可能性 - GIGAZINE

Facebookが今後10年で重要視するのは「人工知能」「VR&ARメガネ端末」「Wi-Fiドローン」 - GIGAZINE

Facebookがトレンドの人力選択を廃止してアルゴリズム完全制御で自動化したとたんにデマ記事を配信してしまう - GIGAZINE

Facebookがポルノやヘイトスピーチなど不快なコンテンツを自動検知する技術の特許を申請、ウソのニュース排除に活用できる可能性も - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to