動画

スパイダーマンシリーズの最新作「スパイダーマン:ホームカミング」予告編が世界初公開


2002年から2007年にかけてサム・ライミ監督&トビー・マグワイア主演のコンビで公開されたスパイダーマン3部作、そして2012年から公開されたマーク・ウェブ監督&アンドリュー・ガーフィールド主演の新しいスパイダーマンシリーズであるアメイジング・スパイダーマンおよびアメイジング・スパイダーマン2と、これまで何度も実写映画化されてきたマーベルヒーローのスパイダーマンが、2017年に再び映画「スパイダーマン:ホームカミング」として劇場に戻ってきます。日本では2017年8月11日に公開が予定されている「スパイダーマン:ホームカミング」ですが、最新予告編ムービーが世界で初めて公開されました。


英語版の公式予告編ムービーはYouTube上で公開されており、以下から見ることができます。

FIRST OFFICIAL Trailer for Spider-Man: Homecoming - YouTube


建物のてっぺんにしがみつくようにしてとどまるスパイダーマン。


後ろからは警察のヘリコプターが近づいてきて……


スパイダーマンを狙撃しようと銃を構えています。


「自分の価値を証明する」とつぶやき、ヘリコプターを飛び越すスパイダーマン。


場面は変わり、ATMを破壊して強盗を行う……


アベンジャーズの仮面を被った悪者たち。その後ろにはスパイダーマンがおり、ショットガンを持った強盗を前に余裕のポーズをとっています。


手から糸を飛ばし……


偽ソーの肘を軽々受け止め、吹っ飛ばします。


さらに、スパイダーマンらしく天井に張り付き……


強盗のパンチを軽々避けます。


さらに、アイアンマンの仮面を被った強盗をポイッと投げて、犯罪を防ぐことに成功しました。


スパイダーマン:ホームカミングで主人公のピーターを演じるのはトム・ホランド。世界規模のオーディションを勝ち抜き主役の座を射止めた人物であり、これまでに映画「インポッシブル」やイギリス・BBCのTVドラマ「ウルフ・ホール」に出演したことのある俳優です。


ホランド演じるピーターとその学友の視線の先には……


学校のマドンナっぽい女の子。今作のヒロインでしょうか。


場面は変わって真剣な表情で誰かと話をするピーター。


その相手は、アイアンマンの中の人であるトニー・スタークでした。


「私を見習え、ただし、私のマネはするな」と、先輩ヒーローから独特のアドバイスを受けるピーター。


ピーターは現役の学生で、まだアベンジャーズの一員として認められていない様子。


予告編の中ではピーターが「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のワンシーンを動画サイトでながめているシーンがあります。なので、どうやら時系列的にはシビル・ウォー/キャプテン・アメリカのあとにスパイダーマン:ホームカミングがくるようです。


さらに、部屋の天井をペタペタ歩いているところを……


学校の友人に目撃されるシーンもあります。


「お前がスパイダーマンなのか……」と問われ、必死に否定しますが一体どうなってしまうのか。


上空から鳥のような影が見え……


ガシャンとガラスが割れ……


今作の敵キャラクターであるヴァルチャーが登場。


トニー・スタークからは「アベンジャーズに任せろ」と言われるシーン。


そして予告編冒頭の「自分の価値を証明する」とつぶやくシーンにつながっているようです。


ボロボロになったスパイダーマン


強烈な光を放つ武器らしきものを持って飛ぶヴァルチャー


糸を使って真っ二つに割れた船を支えるスパイダーマン


そして最後はスパイダーマンとアイアンマンが一緒に飛び去っていくシーン。


日本語版の公式Twitterアカウント上でも「スパイダーマン:ホームカミング」の予告ムービーが公開されており、英語版とは編集が少し異なるバージョンのムービーが見られます。

以下の予告はピーターがトニー・スタークからスパイダーマンスーツをもらうシーン。


以下の予告は英語版の予告編を少し短く編集したもの。ただし、予告編冒頭にはシビル・ウォー/キャプテン・アメリカのワンシーンが入っています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新スパイダーマンの世界規模オーディションを勝ち抜いたのは? - GIGAZINE

スパイダーマンの新作映画「アメイジング・スパイダーマン」予告編が登場 - GIGAZINE

スパイダーマンの姿をした安心感あふれる窓ふき業者が中国に登場 - GIGAZINE

平和を守るスパイダーマンの日常の一コマ - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.